性感染症(性病)|【公式】新宿駅前婦人科クリニック

性感染症(性病)

Std

性病の症状・注意点

性感染症(性病)とは、性行為によって細菌やウイルス、原虫などの病原体に感染する病気です。男性と比較すると、女性は性感染症にかかったとしても、目立った症状が現れにくいという特徴があります。そのため、知らない間に感染していたということも珍しくありません。

性感染症は、パートナーに病気を感染させる危険性があるだけでなく、骨盤内に炎症を起こし、不正出血や慢性的な下腹部痛の原因にもなります。また、卵管の癒着などが生じ、将来的に不妊症になる可能性もあります。

そのような事態を防ぐためにも、性感染症は早めの治療が重要です。性行為をする機会のある女性は、定期的な性感染症検査を受け、万が一、性感染症にかかっていた場合は、すぐに治療をするようにしましょう。もちろん、予防のためにコンドームを使用することも重要です。当クリニックでは、女性特有のお身体のお悩みを安心してご相談いただけるよう、プライバシーに配慮した環境で診察を行っております。少しでもお身体に異変を感じられた場合は、一人で悩まず、まずは当クリニックまでご相談ください。

性感染症の病名一覧

クラミジア感染症

様々な種類の性感染症の中で、もっとも患者数が多いのは、クラミジア感染症です。男性は軽度の尿道炎を発症するため、感染に気付くことが多いのですが、女性には目立った自覚症状がほとんどありません。そのため、感染したことに気が付かない可能性があります。フェラチオやクンニリングスなどのオーラルセックスにより、喉に感染することもあります。クラミジア感染症は、子宮内膜炎や卵管炎などを引き起こし、重症の場合は、肝臓周辺にまで炎症を起こすことがあります。 他にも、骨盤内の組織に癒着が生じ、不妊症や月経困難症などの原因にもなるなど、放っておくと様々な弊害を引き起こす病気です。クラミジア感染症は抗生物質を服用することで治るため、定期的に検査を受け、感染していることがわかったらすぐに治療しましょう。
当クリニックでは、クラミジアの即日検査を行っております。

淋病感染症

「淋菌」によって生じるのが淋病感染症です。男性は出血や膿が見られ、強い痛みを伴う尿道炎を発症します。女性はおりものの増加などが見られますが、目立った症状が現れないため、気付かないことも多いです。淋病感染症は重症化すると、子宮や卵管にまで炎症がおよび、不正出血や下腹部痛の原因になります。クラミジア感染症と同時に発症することが多く、不妊症の原因にもなり得るため、注意が必要です。 淋病感染症は、抗生物質の服用あるいは点滴で治るため、気になる症状がある場合には、早めに病院で検査を受けるようにしてください。
当クリニックでは、淋病の即日検査を行っております。

梅毒

「梅毒トレポネーマ」による性感染症が、梅毒です。感染してから3〜6週間を経て、陰部に硬いしこりが生じます。感染してから症状が現れるまでの、潜伏期間が長いことが特徴です。このしこりは、治療をしなくても数週間で治るため、発症に気付かないこともあります。その後1〜3ヶ月ほど経つと、手のひらや足の裏、陰部に発疹が生じます。また、発熱や倦怠感を伴うこともあります。抗生物質を服用することで治る病気ですが、抗生物質のなかった時代には、病気の進行によって脳や神経が侵され、死に至っていました。 そのため、梅毒は不治の病として恐れられていたのです。昔の病気のイメージがありますが、近年では若い女性を中心に、感染者が爆発的に増えているため、注意が必要です。
当クリニックでは、梅毒の即日検査を行っております。

性器ヘルペス

性器ヘルペスは、病変部と接触することによって発症します。潜伏期間は3日〜1週間程度で、男女ともに性器に小さな水泡ができ、痛い・痒いといった症状を伴います。 ヘルペスウイルスは、一度感染すると、神経節に潜み完全に排除することができず、免疫力が落ちた時などに、再発する可能性があります。しかし、ヘルペスの再発を抑える薬を服用することで、症状が出ないようにすることも可能です。ヘルペスの症状が出ている場合には、性行為を控えるようにしましょう。口唇周辺にできるヘルペスが性器に感染することもあるため、口の周りにヘルペスが出ている際には、オーラルセックスなどは避けるようにしましょう。ヘルペスウイルスが口へ感染することで、ヘルペス性口内炎を引き起こすこともあります。

トリコモナス

トリコモナスは、原虫(アメーバのような微生物)が原因の感染症です。性行為だけでなく、下着・タオル・便器・浴槽を経由して感染する可能性があります。そのため、性行為の経験がない女性や、幼児にも感染する場合があります。男性は尿道からの分泌物(膿)や、軽い排尿痛を感じることがありますが、ほとんどの場合無症状です。また、女性には悪臭の強い泡状のおりものや、外陰部・膣の強い痛みやかゆみなどの症状が現れます。しかし、女性の場合も20%程度は症状が出ないと言われています。トリコモナスは自然治癒することがなく、放置していると不妊や流産の原因にもなります。症状がなくても、定期的な検査を受け、早期発見・早期治療するようにしましょう。

カンジダ

カンジダは、膣内の常在菌(カンジダ属の真菌:カビの一種)が異常に増殖することで生じる膣炎です。もともと体内に存在している菌が原因のため、性行為をしなくても、自然発症することがあります。およそ8割の女性が生涯で少なくとも1回は経験すると言われており、誰でも感染する可能性がある病気です。膣カンジダの症状には、外陰部の強いかゆみや、白く濁ったカッテージチーズのようなおりものが挙げられます。また、男性は症状が出ないことも多いですが、亀頭のただれやかゆみなどが生じる場合があります。膣剤や軟膏などを使用することで治療できるため、症状に気がついたらできるだけ早くクリニックを受診しましょう。

HIV感染症

HIV(エイズウイルス)は、エイズの原因となります。HIVに感染すると、免疫力がだんだん弱くなり、治療をしないと数年〜10年程度で、健康な人であればなんともないようなウイルスや菌によって、様々な病気が引き起こされます。他の性感染症に感染していると、HIVの感染率は数倍増加すると言われています。 かつては死につながるイメージの強い病気でしたが、適切な投薬治療によって、今では通常の日常生活を続けることが可能になっています。
当クリニックでは、HIVの即日検査を行っております。

B型肝炎(HBV感染症)

B型肝炎は、70〜80%の確率で症状が現れないため、感染しても気付きにくいのが特徴です。発熱・食欲不振・倦怠感・黄疸などの症状が現れる「急性肝炎」を発症しても、ほとんどの場合完治します。しかし、感染者の10%程度は「慢性肝炎」に移行し、肝硬変や肝臓がんの発症リスクが上昇することが判明しています。慢性肝炎は目立った症状がほとんどなく、肝硬変に進行すると治療することができません。 肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれており、病気の自覚症状はほとんど現れません。性行為の機会がある女性は、定期的な検査を受け、早期治療を行うことが重要です。

C型肝炎(HCV感染症)

C型肝炎は、慢性肝炎・肝硬変・肝がんなどに進行する可能性のある病気です。自覚症状のないまま病気が進行することもあるので、B型肝炎と同様、定期的な検査が大切です。

性病検査の料金(自費の場合)

性感染症検査

クラミジア 4,000円
即日検査+2,000円
淋病 4,000円
即日検査+2,000円
クラミジア+淋病 6,000円
梅毒 2,100円
即日検査+3,000円
HIV(抗原抗体) 2,600円
即日検査+3,500円
おりもの検査
(トリコモナス、カンジダなど)
3,000円
B型肝炎 2,100円
C型肝炎 2,500円
単純ヘルペス
(迅速検査の場合)
3,000円
性感染症検査Aセット
B型肝炎・梅毒・HIV・トリコモナス・クラミジア・淋病
14,000円
※診察料込
性感染症検査Bセット
梅毒・HIV・トリコモナス・クラミジア・淋病
12,000円
※診察料込
性感染症検査Cセット
トリコモナス・クラミジア・淋病
9,500円
※診察料込

News

お知らせ

  • 2020/10/21

    ウルトラヴェラのご予約承ります。

  • 2020/10/09

    10/20(火)は臨時休診日となります。

  • 2020/10/05

    10月以降の休診日は日曜・月曜となります。