淋病 | 即日検査の費用・原因や感染経路・症状と治療期間 | 東京都新宿区の新宿駅前婦人科クリニック【公式】

淋病

Gonorrhea

淋病とは

淋病は、男性に多い性感染症(性病)で、尿道に感染すると激しい痛みや膿などの症状が現れます。感染経路は、性風俗でのオーラルセックスが多く、1回のセックスでの感染率は20〜50%とも言われています。キスなどで口から口に感染するリスクはほとんどないですが、オーラルセックスで喉への感染が広がっています。女性は感染しても、無症状のことが多いです。しかし、治療せずに放置していると、不妊症や子宮外妊娠の原因にもなります。

抗生剤の乱用が原因で、薬が効かないタイプの淋菌が増えているため、適切な治療を行い、しっかりと治ったことを確認することが重要です。

淋病の症状

淋病の主な症状をご説明します。以下の症状が現れた場合には、すぐにクリニックを受診しましょう。

女性の淋病の症状

女性の症状

女性が淋病に感染したときの主な症状は以下の通りです。

・下腹部の痛み
・おりものの増加
・生理以外の出血(不正出血)
・性交時の痛み

女性の場合は、感染に気づきにくいため、潜伏期間ははっきりとわかっていません。しかし、感染に気づかず放置していると、卵管炎・骨盤内炎症性疾患(PID)・肝周囲炎などの、さまざまな病気を引き起こす可能性があります。そのため、定期的な検査を受けるようにしましょう。また、感染に気づかず出産すると、赤ちゃんに感染するリスクもあります。必ず妊婦検診を受けるようにしてください。

男性の淋病の症状

男性の症状

男性が淋病に感染したときの主な症状は以下の通りです。

・排尿時の激しい痛み、尿道のかゆみや不快感
・尿道から白っぽい膿が出る
・軽い発熱や痛み
・精巣上体(副睾丸)の腫れ

男性が淋病に感染すると、排尿時の激しい痛みや、尿道から白っぽく粘りのある膿が出るなど、女性と比べて強い症状が出ます。クラミジアの症状と似ていますが、淋病のほうが激しい症状ということが特徴です。感染に気づかずに放置していると、前立腺炎や精巣上体炎になることがあります。また、淋病が完治しないと、無精子症になる可能性もあります。なお、当クリニックでは男性の方の淋病検査は出来かねます。男性の方で、上記の症状がある場合は、お近くの性病科や泌尿器科への受診をお願いいたします。

男女共通の症状

淋病は、喉・目・大腸にも感染する可能性があります。

・喉:腫れ・痛み・発熱
・目:まぶたの腫れ・白目がゼリー状になる・膿が出る(淋菌性結膜炎)
・大腸:肛門のかゆみ・不快感・下痢・血便・アナルセックス時の痛み

特に、オーラルセックスで感染することがあまり知られていないため、予防ができず、口腔内が感染の温床とも言われています。

お急ぎの方はお電話ください

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00 ※最終窓口受付 18:30

淋病の治療方法

淋病は、内服や点滴、筋肉注射などで治療をします。1回の治療で治ることもありますが、治療に抵抗性がある方もいらっしゃるため、しっかり治ったことを再検査で確認することが大事です。

3週間後に、淋病が陰性になっていることを確認し、治療は完了です。また、淋病が完治したあと、感染機会がないのに再発した場合には、咽頭感染を疑う必要もあります。

淋病の検査方法・費用

保険診療
※症状がある場合
約1,200円程度
自費診療 4,000円(税抜)
即日検査+2,000円

淋病の検査は、主に膣分泌液を検査します。咽頭の検査は咽頭周辺のうがい液やぬぐい液、直腸の検査は肛門周辺のぬぐい液を検査します。症状がなくても検査は可能なため、定期的な検査をおすすめします。また淋病に感染している場合、クラミジアを併発している可能性が高いので、クラミジア検査も同時に受けると良いでしょう。当クリニックでは淋病とクラミジアの即日検査も可能なため、ご希望の方は診察時にお申し出ください。

淋病のよくあるご質問

淋病は放置していれば自然治癒しますか?
A.淋病は自然治癒することはありません。そのため、クリニックを受診し、適切な治療を行う必要があります。
淋病とクラミジアは併発しますか?
A.淋病に感染している人のうち、クラミジアにも感染している割合は20〜30%と言われています。そのため、淋病とクラミジアは併発しやすいと考えられます。淋病の検査を受ける際には、クラミジアの検査も同時に受けると良いでしょう。
淋病は市販薬で治療できますか?
A.淋病は、市販薬で治療することができません。薬が効かないタイプの淋菌が増えており、注射や点滴での治療が基本となります。気になる症状がある場合には、必ずクリニックを受診しましょう。また、症状がなくても、定期的な検査を受診することをおすすめします。
淋病の検査キットはありますか?
A.淋病の検査キットは通販などで購入できます。しかし、自分で膣分泌物などを採取する必要があり、正しく検査できない可能性もあります。また、市販薬で治療ができないため、クリニックで注射や点滴を受けなければなりません。そのため、検査キットを使用せず、はじめからクリニックを受診し、早期に治療を始めるほうが良いでしょう。
淋病は保険適用されますか?
A.淋病の症状が出ている場合、基本的には保険適用で治療を受けることができます。しかし、ブライダルチェックや、定期的な検査の場合には、保険が適用されず、自費診療となります。あらかじめご了承ください。

News

お知らせ

  • 2020/10/21

    ウルトラヴェラのご予約承ります。

  • 2020/10/09

    10/20(火)は臨時休診日となります。

  • 2020/10/05

    10月以降の休診日は日曜・月曜となります。