ピル処方|避妊、生理痛、生理不順|新宿駅前婦人科クリニック【公式】

ピルについて

Pills

スピーディーなピルの院内処方

服用することで高い避妊効果を得られるピルですが、生理痛やPMS(月経前症候群)の緩和、生理不順を整えるなど、女性ならではの辛い症状を改善する効果も期待できます。

また、避妊に失敗してしまったときにも、緊急避妊薬としてピルが用いられます。ピルは必ず服用するべきというわけではありませんが、女性の味方であることも事実です。まずは、ピルについての正しい知識を持っておきましょう。

ピルの種類について

ピルは大きく分けて2種類あります。それぞれ、どのような場合に用いられるのかご説明いたします。

アフターピル(緊急避妊薬)とは

アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれる、避妊に失敗したときに用いられるピルです。「コンドームが破れた」「低用量ピルを飲み忘れた」などで、妊娠の可能性がある場合に服用します。アフターピルには排卵や着床を阻害する作用があるため、24時間以内に服用すると高確率で避妊することができます。

低用量ピル(経口避妊薬)とは

ピルと言えば、多くの場合「低用量ピル」のことを指します。低用量ピルには、避妊効果の他にも、生理痛・PMS(生理前に起こる心やからだの不調)の軽減や、月経量の減少、月経移動(生理の日をずらす)などにも効果が見込まれます。毎日服用することで、これらの効果が得られます。

お急ぎの方はお電話ください

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00 ※最終窓口受付 18:30

アフターピル(緊急避妊薬)について

まずは、アフターピルの効果や費用、副作用などについて、くわしくご説明します。

アフターピル

アフターピルの効果

アフターピルは、避妊に失敗した際に服用することで妊娠を防ぐ効果が期待できます。普段から避妊を意識していても、コンドームが破れたり、ピルを飲み忘れたりと、不測の事態はつきものです。このような場合に、アフターピルを服用します。

アフターピルは、性交渉から24時間以内の服用で95%、48時間以内で85%、72時間以内で58%の避妊効果があります。避妊率は高いですが、性交渉から時間が経つほど、避妊できる確率が下がっていきますので、避妊失敗からなるべく早い段階で服用するようにしてください。

アフターピルの費用

レボノルゲストレル 10,000円(税抜)
ウリプリスタール 12,000(税抜)

アフターピルの費用は上記のとおりです。アフターピルについては保険が適用されないため、全額自己負担となります。

アフターピルの副作用

アフターピルの副作用には、下記のような症状が挙げられます。

副作用

吐き気、嘔吐、頭痛

これらの症状は一時的なものですが、心配な方は吐き気止めを一緒に処方してもらうようにしましょう。また、アフターピル服用後2時間以内に嘔吐してしまった場合は、医師に相談するようにしてください。

アフターピルの飲み方

アフターピルは、妊娠の可能性がある性交渉から、72時間以内に服用する必要があります。早く服用するほど避妊効果は高くなりますので、避妊に失敗したと判明したら、すぐにクリニックを受診しましょう。

低用量ピル(経口避妊薬)について

次に、低用量ピルの効果や費用・副作用などについて、くわしくご説明します。

低用量ピル

低用量ピルの効果

低用量ピルには下記のような効果が期待できます。

避妊、生理痛の軽減、PMS(月経前症候群)の緩和、生理不順の改善、月経移動、月経量の減少、ニキビや肌荒れの改善、子宮内膜症の改善、排卵痛の改善 卵巣癌の発症リスク低下、子宮体癌の発症リスク低下など

毎日服用することで、避妊効果だけでなく、女性ならではの辛い症状を緩和させる効果が見込まれます。また、服用をやめることで排卵が回復するため、今は避妊したいけれど、将来的には妊娠を希望しているといった方にも適したお薬です。

低用量ピルの費用

トリキュラー28 2,100円(税抜)
マーベロン28 2,100円(税抜)
ラベルフィーユ28 2,000円(税抜)
ファボワール28 2,000円(税抜)

当クリニックで取り扱っている低用量ピルは4種類です。 どちらのお薬を処方するかは、診察の際に患者様とご相談の上決定いたします。

低用量ピルの副作用

低用量ピルの副作用には下記のような症状が挙げられます。

副作用

吐き気、頭痛、だるさ、乳房の張り、不正出血

これらの症状は、基本的には一時的なものなので、服用を続けることで緩和されることが多いです。また、ごく稀にですが、重篤な副作用として肝障害や血栓症になる場合があります。血栓症による主な症状には、手足のしびれ・むくみ・腫れ・痛み・赤み、激しい頭痛、胸の痛みなどがあります。症状の発生には個人差がありますが、このような症状が現れましたら、すぐにクリニックを受診するようにしてください。

低用量ピルの飲み方

低用量ピルの服用方法は、1日1回1錠です。服用する時間帯はいつでもかまいませんが、飲み忘れを防ぐために、寝る前に服用するなどルールを決めておいたほうが良いでしょう。

よくあるご質問

最後に、ピルに関するよくあるご質問をご紹介します。ご不明な点がございましたら、当クリニックまでお問い合わせください。

ピルの服用で生理を遅らせる・早めることはできますか?
A.ピルを服用することで、生理を遅らせたり、早めたりすることができます。生理を遅らせる場合には中用量ピルを使用し、生理を早める場合には低用量ピル、中用量ピルを用います。生理を遅らせる場合は、月経予定日の約5日前から月経を避けたい日までピルを服用します。例えば、旅行の初日が月経初日と重なる際には、旅行5日前から旅行最終日までピルを服用することで、旅行期間中に月経が重ならないように調整できます。基本的には、ピルの服用をやめてから2〜3日で月経が来ます。 また、生理を早める場合は、ずらしたい生理の一つ前の生理中(生理初日から5日以内)から、ピルを服用する必要があります。生理を希望する日程の2〜3日前まで内服することで、希望した日に生理が来るように調整できます。この方法は、ずらしたい生理の期間中にピルを服用する必要がないため、飲み忘れなどの心配をしなくても良いといったメリットがあります。
ピルの服用によって太ることはありますか?
A.ピルそのものには、体重増加の作用などはありません。しかし、生理前などに起こりやすい食欲増進などの症状は、人によって感じる場合があります。そのため、ピルを服用すると太るといったイメージが定着している可能性があります。
ピルの値段は通販で購入する方が安いですか?
A.ピルはインターネット通販などでも購入することができます。しかし、安く販売しているものは、偽物の場合もあるため、希望する効果が得られなかったり、重篤な副作用が生じたりする可能性があります。ピルの服用を希望される場合は、専門のクリニックにてご相談ください。また、費用を抑えたい患者様には、ジェネリック医薬品のご用意もございますので、お気軽にお申し出ください。
低用量ピルの服用中は妊娠に気づかないことがありますか?
A.低用量ピルを正しく服用しており、激しい下痢や嘔吐などの症状がなければ、避妊効果が継続していると考えても良いです。ただし、飲み忘れが多いなどの場合は、休薬中に出血があったとしても、妊娠している可能性はあります。また、ピルは100%妊娠を防げるわけではありませんので、生理予定日から1〜2週間たっても生理がこない場合は、一度クリニックを受診しましょう。
低用量ピルを服用していても中に出すと妊娠しますか?
A.「ピルを飲んでいるから中出ししても大丈夫!」と思っている人は少なくないでしょう。実際、正しくピルを服用していれば、99.8%もの避妊効果があります。しかし、ピルは1日でも服用を忘れると、妊娠を防ぐ効果がなくなってしまうため、注意が必要です。また、ピルを服用していても、性感染症を防ぐことはできません。安全な性交渉をするためにも、コンドームを着用するようにしましょう。

News

お知らせ

  • 2020/10/21

    ウルトラヴェラのご予約承ります。

  • 2020/10/09

    10/20(火)は臨時休診日となります。

  • 2020/10/05

    10月以降の休診日は日曜・月曜となります。