カンジダ | 新宿駅前婦人科クリニック【公式】

カンジダ

Candida

カンジダとは

カンジダとは、もともと体内にあると言われている、カンジダ属の真菌(カビの一種)が原因で起こる感染症です。健康な女性でも、口の中・膣・消化管・皮膚などにカンジダは存在しています。カンジダは、性行為によってうつる場合もありますが、膣内のカンジダ菌が増殖することによって、自己感染することもあります。そのため、他の性感染症(性病)とは、少し性質が違うことも特徴です。特に女性の患者数が多く、75%の女性が膣カンジダを経験すると言われています。

カンジダは治療して完治したとしても、体調不良などがきっかけで、再発を繰り返すことがあります。また、カンジダは性器だけでなく、口の中の粘膜・食道粘膜・鼠径部(そけいぶ)の皮膚・爪などにも感染しやすいのも特徴です。特に膣カンジダは、風邪や寝不足、妊娠中などの免疫力が落ちたときに発症しやすいことがわかっています。不妊などの直接的な原因にはなりませんが、おりものの増加など不快な症状が続くため、異常に気づいたらできるだけ早くクリニックを受診しましょう。

カンジダの症状

カンジダの主な症状をご説明します。当てはまる場合には、お早めにクリニックを受診し、検査しましょう。

女性のカンジダの症状

女性の症状

女性がカンジダに感染したときの主な症状は以下の通りです。

・膣や外陰部のかゆみ
・おりものがヨーグルト状になり増加する
・性交痛、排尿障害
・性器の炎症(灼熱感・痛み)

女性がカンジダに感染した場合、おりものの変化と強いかゆみが出ることが特徴です。おりものはヨーグルト状・カッテージチーズ状・酒粕状などと言われることがあり、白濁して量が多いことが特徴です。また、かゆみが非常に強く、ときに痛みを感じるほどです。膣カンジダは、特に妊婦・糖尿病患者・抗生物質を服用している方に多くみられます。また、カンジダと似た症状に、細菌性膣炎やトリコモナス膣炎などがありますが、これらの病気はおりものの臭いも特徴的です。おりものに異常を感じたら、自己判断で市販薬を使用せず、必ずクリニックで正しい診断を受けるようにしてください。なお、カンジダは不妊症への影響はありません。

男性のカンジダの症状

男性の症状

男性がカンジダに感染したときの主な症状は以下の通りです

・亀頭のただれやかゆみ
・亀頭が赤くなる
・亀頭から白いカスが出る
・亀頭に小さな水疱ができる
・稀に尿道炎が起きる

男性がカンジダに感染すると、亀頭部分にかゆみやただれが生じます。このような症状をカンジダ性亀頭包皮炎と呼びます。男性の場合は無症状のことも多く、自然治癒する事例もあります。しかし、知らないうちにパートナーに感染させるリスクもあるため、症状が現れた場合はもちろん、定期的な検査も受けるようにしてください。また、包茎の男性には症状が出やすいと考えられています。
※なお、当クリニックでは男性のカンジダ検査は承っておりませんので、上記のような症状がある場合はお近くの泌尿器科、性病科へ受診されてください。

男女共通の症状

カンジダは、性器周辺に症状が現れるだけでなく、あらゆる部位に症状が出ます。男女ともに現れるカンジダの症状は、下記の通りです。

口腔カンジダ症

口腔カンジダ症は、何らかの原因により、体内の細菌バランスが崩れて、カンジダ菌が異常に増加することで発症します。副腎皮質ステロイド薬の服用や、糖尿病、がん、加齢など免疫力が低下することで発症しやすいと言われています。発症すると口腔内の粘膜・舌の表面などに、白いコケ状のものが付着し、赤み・腫れ・痛みを伴うことがあります。口内炎と区別がしづらい場合もあります。口腔カンジダ症の治療は、抗真菌薬のうがいなどで行うことが一般的です。

食道カンジダ症

食道カンジダ症は、口から食道にかけてカンジダ菌が繁殖してしまう感染症です。食べ物が飲み込みにくい・胸やけがするなどの症状が現れます。また、症状が悪化すると、食べ物を飲み込む際に痛みを感じることがあります。ご自身で違和感を覚える方もいらっしゃれば、自覚症状がなく、内視鏡検査で偶然に発見される場合もあります。自然に治ることもありますが、症状によっては抗真菌薬で治療します。

爪カンジダ症

爪カンジダは、爪に覆われている指先のやわらかい部分に、赤み・腫れ・痛みが生じます。また指爪の一部が白く濁ったような状態になります。完治まで半年〜1年程度かかることもあります。爪白癬との見分けが難しく、培養検査にて菌を確定させます。通常は抗真菌薬や外用薬にて治療を行います。

皮膚カンジダ症

皮膚カンジダ症は、胸部、陰部、おむつ部、手指の第3指間など、通気性が悪く湿って擦れやすい部分に生じます。症状は、発赤、腫れ、ただれ、水膨れなどで、痒みを伴う場合があります。免疫力が低下しているときや、高温多湿な環境、不潔な状態であるとき、また赤ちゃんのおむつ着用時に起こることがあります。基本的には外用薬(抗真菌薬)にて治療しますが、範囲や程度によっては内服薬を処方する場合があります。

お急ぎの方はお電話ください

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00 ※最終窓口受付 18:30

カンジダの治療方法

カンジダの基本的な治し方は、抗真菌薬の服用、軟膏の塗布、膣錠の使用です。症状によっては連日通院して膣洗浄などをする必要があります。また、治療期間はおよそ1〜2週間です。

カンジダの
検査方法・費用

おりもの検査 3,000円

カンジダは、外陰部や腟の症状を調べ、菌を検査します。カンジダは症状がなくても検査できますが、かゆみやおりものなどの症状によって診断されるため、症状が出ているときに検査を受けることが望ましいです。

カンジダのよくあるご質問

カンジダはドラッグストアなどの市販薬では治らないですか?
A.薬局で買える薬の中に、カンジダ専用のものはありますが、これはカンジダ再発時に使用するものです。カンジダは類似疾患との判別が必要なため、病院で検査を行い、医師の指導のもと治療を開始します。カンジダは再発することが多いため、その際には市販薬を使用しても良いでしょう。くわしくは医師にご相談ください。
カンジダが治ったサインはありますか?
A.カンジダが治ったときのサインとして、かゆみがなくなる・おりものが通常に戻るなどが挙げられます。しかし、処方された薬の使用は、自己判断で中止しないようにしましょう。また、生理が終わるとカンジダが治ると思っている方人は多いですが、症状が軽減されているだけで、完治しているわけではありません。そのため、生理後に必ずしもカンジダが治るとは言い切れません。
おしりがかゆいのですがカンジダですか?
A.肛門付近にかゆみがある場合、カンジダの可能性があります。しかし、おしりのかゆみには、他にも様々な病気が隠れている場合があるため、異常を感じたら早めにクリニックを受診しましょう。
カンジダの治療中に性行為は可能ですか?
A.カンジダの治療中には、セックスを控えるようにしてください。パートナーにカンジダをうつしてしまう可能性があります。
カンジダは放置していたら自然治癒しますか?
A.カンジダは、症状が軽度であれば、自然治癒することがあります。しかし、必ずしも自然治癒するとは限らないため、症状が現れたらクリニックを受診し、適切な治療を受けてください。
カンジダの治療薬を膣に入れた後、出てきたらどうすれば良いですか?
A.カンジダの治療では、膣錠を使用することが多いです。1週間ほど効果が持続する膣錠を入れますが、万が一膣錠が出てきた場合には、クリニックにご相談ください。
カンジダを予防する方法はありますか?

A.カンジダを予防するには、コンドームの使用が重要です。また、カンジダはストレスなどが原因で、自己感染することもあるので、日常生活を見直すことも予防に効果的です。

【発症・再発の予防】
・通気性の良い綿の下着やゆったりした洋服を着用する
・濡れた水着や湿った衣類はすぐに着替える
・シャワー・入浴・水泳の後は、デリケートゾーンを完全に乾かす
・排便または排尿の際は前から後ろにふきとるのが鉄則
・生理中以外にナプキンを使用する場合はマメに交換する

【薬の使用中にNGな行為】
・殺精子剤の使用:薬の効果を妨げる可能性があります。
・ビデ(腟内洗浄)やタンポンの使用:薬を膣から洗い流すことで、薬の効果が弱まる可能性があります。
・性交渉:パートナーにカンジダが感染する可能性があります。
・外陰部をかく:刺激がひどくなったり、感染が広がったりする可能性があります。
・入浴時にデリケートゾーンを石鹸で強く洗う:石鹸などでデリケートゾーンを強く洗うと、刺激によって炎症がひどくなる可能性があります。入浴時は石鹸でゴシゴシ洗わず、軽く洗い流す程度にしましょう。
・タオルの共用:タオルを使いまわすことで家族に感染する恐れがあります。

News

お知らせ

  • 2020/10/21

    ウルトラヴェラのご予約承ります。

  • 2020/10/09

    10/20(火)は臨時休診日となります。

  • 2020/10/05

    10月以降の休診日は日曜・月曜となります。