オンラインピル処方 オンラインピル処方

ピルのオンライン処方

Onlinepill

【診療不要】
オンラインで低用量ピルを処方!

アフターピル

新宿駅前婦人科クリニックは、当クリニックで低用量ピルの継続処方を受け、定期的にご来院くださる患者様に向けて、オンライン処方を行っております。

大変便利なオンライン処方システム。皆さんも、これを上手に活用してみませんか?

ここでは、当クリニックで取り扱うピルの種類・費用から、お受け取りまでの流れや注意点などを解説します。

 目次

      診療不要のピル処方受付

      こちらの受付フォームは、保険診療のピルは対象外です。
      このフォームは、以下の方はご利用になれません。

      • 初診の方や当クリニックでピルを処方した履歴のない方は、ご利用いただけません。
      • ピルのご相談や他の診療がある方は、通常診療となります。通常診療のご予約はこちら
      • ピルをお渡しできるお時間は、10:30~18:30までです。
      • 保険診療のピルは対象外となっています。
      • 受付フォームでの受付が必須となり、お電話での受付はできません。
      • 以前に処方した種類以外のピルをご希望の場合は、再度診察となり、こちらのフォームからは受付できません。
        通常の診療のご予約はこちらからご予約ください。
      • 受け取り窓口での診療やご相談は、お受けできかねます。診療が必要な場合はこちらのフォームからご予約ください。
      • 産婦人科診療ガイドラインに則り、低用量ピルの処方ができないと判断される方。くわしく確認する
      必須お名前(フリガナ)

      正しく入力してください。

      必須携帯電話番号

      正しく入力してください。

      必須メールアドレス

      正しく入力してください。

      必須ピルの種類

      1つ選択してください。

      希望シート数

      1つ選択してください。

      受け取り希望日を
      お選びください必須

      日が選択されていません。

      必須チェック項目

      1つ選択してください。

      下記に該当する方は、低用量ピルを処方できません。

      • ・継続的にピルを服用していない方
      • ・初経発来前、または閉経後の方
      • ・重度の高血圧症の方
      • ・血管病変を伴う糖尿病の方
      • ・妊娠中または妊娠している可能性のある方
      • ・心臓弁膜症の方
      • ・重篤な肝機能障害、肝腫瘍のある方
      • ・前兆を伴う片頭痛がある方
      • ・乳がんの方
      • ・血栓症を疑うような症状の自覚がある方
      • ・抗リン脂質抗体症候群の方
      • ・異常性器出血がある方
      • ・低用量ピル、女性ホルモン剤にアレルギーのある方
      • ・手術前4週以内または術後2週以内の方、および長期間安静状態の方
      • ・妊娠中に黄疸、持続性そうよう症または妊娠ヘルペスの既往歴のある方
      入力エラーが箇所あります

      当クリニックのオンライン処方がおすすめできる理由

      「忙しくて時間がないけど、ピルがなくなっちゃう!」「すぐに処方してくれるクリニックはないかな?」 こういった患者様のニーズに合わせ、新宿駅前婦人科クリニックでスタートしたオンライン処方。どんなメリットがあるのか、一つずつ見ていきましょう。

      その1:新宿駅からアクセス良好!

      新宿駅前婦人科クリニックは、東京メトロ新宿三丁目駅徒歩1分、JR新宿駅南口から徒歩3分、西武新宿駅からも徒歩でアクセスできるなど、アクセスがとてもいい立地です。お仕事や学校終わりに立ち寄るのにも便利で、クリニックの後はお買い物を楽しむこともできます。

      その2:WEBフォームで24時間受付可能!

      ピルが欲しいと思ったのに、診察予約が入れられなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方でも、通常予約不要でピルがお受け取りになれるのがこのシステムです。ピル外来受付フォームから、ご来院になりたい日を選んで必要項目を入力、チェックするだけで受付が完了します。このピル外来受付フォームは、24時間受付可能なWEBフォームなので、お時間のない方にも安心してご利用いただけます。

      アフターピル

      その3:待ち時間なし!

      ピル外来には、待ち時間がありません。ご来院になりたい日の受付を済ませておけば、10:30~18:30の間ならいつでもお受け取りOKです。ピル外来専用の窓口を設置しているので、待ち時間がなく、ストレスフリーを実現しました。

      その4:リーズナブルな価格!

      オンライン処方だと高額になりがちなピル費用を見直し、患者様が少しでもピルを続けやすいよう価格設定しています。ピルは毎月のことなので、これは嬉しいポイントですよね!

      当クリニックで処方できるピル一覧

      低用量ピル

      薬品名 世代 タイプ 有効成分
      マーベロン28
      ファボワール28
      第3世代 一相性 デソゲストレル エチニルエストラジオール
      トリキュラー28
      ラベルフィーユ28
      第2世代 三相性 レボノルゲストレル エチニルエストラジオール
      薬品名 マーベロン28
      ファボワール28
      世代 第3世代
      タイプ 一相性
      有効成分 デソゲストレル エチニルエストラジオール
      薬品名 トリキュラー28
      ラベルフィーユ28
      世代 第2世代
      タイプ 三相性
      有効成分 レボノルゲストレル エチニルエストラジオール
      アフターピル

      マーベロン28は、一相性の低用量ピルです。卵胞ホルモンの有効成分である“エチニルエストラジオール”と、黄体ホルモンの有効成分である“デソゲストレル”が含まれています。特にデソゲストレルには、男性ホルモンの影響を抑止する効果があることから、ニキビの改善にも期待できる低用量ピルです。ファボワール28は、マーベロン28の後発医薬品=ジェネリック医薬品となっています。

      トリキュラー28は、三相性の低用量ピルです。卵胞ホルモンの有効成分である“エチニルエストラジオール”と、黄体ホルモンの有効成分である“レボノルゲストレル”が含まれています。ホルモン含有量が身体のホルモンバランスに近い3段階に調整してあるため、より副作用が起こりにくいとされており、ピルの内服による不正出血が起こりにくいのも特徴です。ラベルフィーユ28は、トリキュラー28の後発医薬品=ジェネリック医薬品となっています。

      低用量ピルの効果が得られる避妊の仕組みや、副作用についてなど、よりくわしい内容は、下記のページに記載しているので、ぜひご参照ください。

      低用量ピル

      ミニピル

      ミニピルのセラゼッタは、卵巣ホルモン(エストロゲン)が含まれないお薬です。有効成分が黄体ホルモンである“デソゲストレル”のみなので、喫煙者の方やBMIが高い方、35歳以上の方でも内服できるお薬となっています。

      心配する方が多い血栓症などの副作用がないのは良いのですが、ミニピルにもデメリットがあり、毎日決まった時間に服用することが求められる点です。毎日ほぼ同じ時間に内服し、飲む時間の誤差は3時間以内が推奨されています。飲み忘れなどで12時間以上空いてしまうと、避妊効果が得られなくなるので、そうした場合は内服を続けながら、1週間コンドームなどの避妊法を併用してください。

      ミニピルの副作用として、飲み始めの頃に比較的多くの方が“不正出血”を経験します。身体が慣れてくると不正出血は緩和していきますが、少量の出血がダラダラ続く方もいて、それが煩わしいと感じられるようです。

      しかし、血栓症を恐れたり、年齢的なことだったりで低用量ピルが飲めない方にもご利用いただけるため、非常にニーズがあり、人気の高いお薬といえるでしょう。

      ミニピルは、28錠で1シートになっているのは、マーベロン28などと同様ですが、偽薬=プラセボが含まれていないのが低用量ピルと異なる点。1シート飲みきったら、休むことなく次のシートに移行します。飲み始めは、生理スタートと同時に飲み始めるのが理想ですが、そうでない場合は、念のため1週間は他の避妊法を併用すると安心です。

      低用量ピルやアフターピル、ミニピルについてもっとくわしく知りたい方は、下記のページよりご参照くださいね。

      【オンライン処方】ピルの費用

      ピル外来は、保険診療のピル処方は対象外ですので、全て自費診療となります。保険診療のピル処方をご希望の方は、通常の診療予約が必要です。

      低用量ピル

      マーベロン28 2,200円
      トリキュラー28 2,200円
      ファボワール28 2,000円
      ラベルフィーユ28 2,000円

      ミニピル

      セラゼッタ 2,500円

      ピル外来のお支払いには、下記のクレジットカードがご利用いただけます。

      VISAカード
      JCBカード
      マスターカード
      アメリカンエクスプレスカード・AMEX
      ダイナーズクラブカード
      DCカード
      UCカード
      イオンカード

      ピルを受け取るまでの流れを解説

      新宿駅前婦人科クリニックのピル外来をご利用になるには、まず当クリニックでピルを処方した受診歴が必須となります。

      当クリニックでピル処方の履歴がある方が対象ということです。そのため、「まだ受診したことがない」「初めて診てもらう」という方は、あらかじめすぐ下の通常予約フォームより診察のご予約をお願いいたします。

      ピル外来の受付から受け取りまで

      ピル外来のご利用はとても簡単!下記の手順に従って、進んでくださいね。

      1. ① ピル外来受付フォームにアクセス
      2. ② 必要項目を入力、チェックして送信
      3. ③ ご希望日にご来院
      4. ④ 窓口で診察券と保険証をご提示
      5. ⑤ 手首で血圧測定
      6. ⑥ ピルのお受け取り
      7. ⑦ お会計

      窓口でお渡しできる時間は、10:30~18:30となっているので、ご注意ください

      オンライン処方ご利用時の注意点

      ピル外来をご利用になるときの注意点をご説明します。

      1. ・初診の方や当クリニックでピルを処方した履歴のない方は、ご利用いただけません。
      2. ・ピルのご相談や他の診療がある方は、通常診療となります。
      3. ・ピルをお渡しできるお時間は、10:30~18:30までです。
      4. ・保険診療のピルは対象外となっています。
      5. ・ピル外来受付フォームでの受付が必須となり、お電話での受付はできません。
      6. ・産婦人科診療ガイドラインに則り、以下の方への低用量ピルの処方はできません。※ミニピル(セラゼッタ)は除く
        処方ができない方
        • ① 初経発来前、または閉経後の方
        • ② 40歳以上の方
        • ③ 1日15本以上喫煙をする方
        • ④ 重度の高血圧症の方
        • ⑤ 血管病変を伴う糖尿病の方
        • ⑥ 妊娠中または妊娠している可能性のある方
        • ⑦ 手術前4週以内または術後2週以内の方、および長期間安静状態の方
        • ⑧ 心臓弁膜症の方
        • ⑨ 重篤な肝機能障害、肝腫瘍のある方
        • ⑩ 前兆を伴う片頭痛がある方
        • ⑪ 乳がんの方
        • ⑫ 血栓症を疑うような症状の自覚がある方
        • ⑬ 抗リン脂質抗体症候群の方
        • ⑭ 妊娠中に黄疸、持続性そうよう症または妊娠ヘルペスの既往歴のある方
        • ⑮ 異常性器出血がある方
        • ⑯ 低用量ピル、女性ホルモン剤にアレルギーのある方

        参照:産婦人科診療ガイドライン ― 婦人科外来編2020

      ピル外来のよくあるご質問

      ヤーズフレックスを飲んでいるのですが、保険診療でオンライン処方できますか?
      A.申し訳ありません。新宿駅前婦人科クリニックのオンライン処方は、保険適用のピルは処方できません。保険診療のピルをご希望の患者様は通常予約フォームから、ピル処方を選択し、ご予約ください。
      マーベロン28を3シートとラベルフィーユ28を2シート、一度に受け取れますか?
      A.いいえ。医師の処方に従った薬剤の処方のみ、オンライン処方が可能です。そのため、同一種類のピルを1回に12シートまでしかお渡しできないので、あらかじめご了承ください。
      タバコを1日1箱吸うのですが、ピルは飲めますか?
      A.低用量ピルは1日15本以上おタバコを吸う方には、処方できません。ミニピルなら処方可能かもしれませんので、一度新宿駅前婦人科クリニックにご来院ください。医師の診察で処方が可能であれば、次回からオンライン処方がご利用になれます。
      アフターピルのオンライン処方はないのですか?
      A.申し訳ありません。現在、ピル外来オンライン処方では、アフターピルのお取り扱いをしておりません。

      News

      お知らせ

      • 2022/01/18

        診療不要のピル処方を開始しました。くわしくはこちら

      • 2021/11/01

        12/30~1/3は休診日となります。(12/31~1/2はお電話でのご予約は承っておりません)

      • 2021/03/29

        子宮頸がんワクチン9価取り扱っております。