HIV(エイズウイルス) | 新宿駅前婦人科クリニック【公式】

HIV(エイズウイルス)

HIV

HIVとは

HIVとは、Human Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウイルス)という、細菌、カビ、ウイルスなどの病原体から人間の身体を守る免疫細胞などに感染するウイルスのことです。エイズウイルスとも呼ばれます。私たち人間の身体には、病原体から身体を守る(病原体を排除する)免疫という仕組みがありますが、HIVは免疫の役割を担っている血液中の細胞に感染し、長い時間をかけて免疫機能を破壊していきます。感染症を治療せずに放置していると、免疫力が徐々に低下して、健康な人ではかからないような感染症やがんに対する身体の防御機能がなくなっていきます。

HIVは、感染している人の性分泌液(精液や腟分泌液)、血液、母乳などの体液に粘膜の部分が接触することで感染します。涙、汗、尿、唾液などによる感染の可能性はありません。そのため、主な感染経路は「性行為による感染」「血液感染(輸血も含む)」「母子感染」となります。HIVの感染率は、感染経路、コンドームの使用有無などでも異なりますが、コンドームを使用せずに性行為(セックス・アナルセックス)を行った場合、感染の確率は0.1〜1%(100回に1回)程度と考えられています。

エイズとは

エイズとは、後天性免疫不全症候群と呼ばれる、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)によって引き起こされる病気のことを言います。HIV感染症が重症化して、健康な時には発症することのないような感染症や病気を引き起こし、それらがエイズ指標疾患(代表的な23の指定疾患)に当てはまる場合に「エイズを発症した」と診断されることとなります。HIVに感染した後、すぐにエイズを発症するわけではなく、また感染しても症状が出ない場合もあるため、性行為の機会がある方はコンドームなどで予防をしたり、定期的に検査することをおすすめします。

HIV感染からエイズを
発症するまでの経過と症状

HIVに感染したあと、感染したことに気付かずに適切な治療をしない場合に起こりえることをご説明します。

HIV感染初期(急性期)

HIV感染初期(急性期)

HIVに感染すると、ウイルスが体内で急激に増加し、約2~4週間後に以下の初期症状が現れます。

・インフルエンザのような症状
(発熱、リンパ節の腫れ、喉の痛みなど)
・倦怠感や筋肉痛
・発疹、湿疹、かゆみ
・息苦しい、すぐに息切れする

上記の症状は数日〜2ヵ月程度続きますが、多くの場合は自然治癒します。なお、HIVに感染した全員に症状が出るわけではなく、無症状である場合もあります。また、HIV感染時にはクラミジアや梅毒などの性感染症なども同時に感染している場合が多いと言われています。

無症候性キャリア期

感染初期以降、なにも自覚症状がない時期が数年から10年ほどありますが、病気はどんどん進行しています。ただし無症状期には個人差があるため、HIV感染から短期間でエイズを発症する方もいれば、10年以上経っても発症しない場合もあります。また、無症状であっても、他人へ感染を移してしまう可能性があります。

エイズ発症

免疫力がある程度低下していくと、長期間続く下痢や、原因不明の体重減少などが生じたり、カンジダ症や帯状疱疹などの病気にかかりやすくなります。そして、健康な状態であれば感染することのないような感染症を発症する日和見(ひよりみ)感染や、悪性腫瘍、神経障害などを引き起こすようになります。それらの病気が、エイズ指標疾患(代表的な23の指定疾患)に当てはまる場合、エイズ発症(後天性免疫不全症候群)と診断されることになります。

お急ぎの方はお電話ください

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00 ※最終窓口受付 18:30

HIVの治療方法

HIVの治療方法

「HIV感染症」と診断された全員が治療の対象となります。具体的には、身体の中にあるHIVウイルスを抑え続け、免疫力を回復させる抗HIV薬を服用します。以前は副作用が強く内服しにくい薬でしたが、現在は比較的副作用の少ない薬が開発されているため、早期発見・早期治療が推奨されております。現在の医学では、HIVウイルスを身体から完全に排除することはできません。しかし、以前に比べると治療法は大変進歩しており、HIVに感染したとしても、エイズの発症を抑えることができたり、健康な状態を維持することが可能になっています。

HIV感染症の治療ができる病院は、国立国際医療センター(エイズ治療・研究開発センター(ACC))を中心に、全国各地にエイズ治療拠点病院がございますので、くわしく知りたい方は診察時にお申し出ください。

HIVの検査方法と費用

HIV検査
(抗原抗体)
2,600円
即日検査
20分程度
+3,500円

当クリニックで行うHIV検査は、血液検査による「HIVの抗原抗体」の検査です。不安のある性行為の機会から12週以降に受けていただくことで正確な診断が可能です。当クリニックではプライバシーに十分に配慮した環境で診察・検査を行っておりますので、不安を感じている方は、ぜひ安心してご相談ください。

HIVのよくあるご質問

HIV感染の不安がありノイローゼ気味です。すぐに検査してもらえませんか?
A.HIV1・2の抗体検査で正確な結果を出すためには、最短でも性行為の機会から12週以降に受けていただく必要があります。12週以降に即日検査をされる場合は、20分程度で結果を出すことが可能です。検査ができるまで不安になってしまう気持ちはわかりますが、きちんと結果を知るためにも、12週以降にご来院をお願いいたします。
HIVはドラッグストアの市販薬では治らないですか?
A.HIVに感染している場合、市販薬を内服することで治ることはありません。全国各地にエイズ治療拠点病院がございますので、医師の指導のもと、適切な治療が必要となります。
血液検査の注射針から感染する可能性はありますか?
A.医療機関などで使用する採血時に必要な注射針・注射筒・採血管などはすべて滅菌されていて、患者様ごとに使い捨てとなっておりますので、血液検査で感染することはありません。どうかご安心いただければと思います。
健康診断で問題がなければHIVも陰性と考えていいですか?
A.HIV検査は、ご本人の希望や、了承を得ていない状態では検査することは出来ません。また、通常企業で行っている健康診断(血液検査)にはHIV検査の項目がないことがほとんどです。もしもHIV検査をご希望の場合は、当クリニックで行うことも可能なため、お気軽にご相談ください。
インターネットでHIVの検査キットを買って調べても効果ありますか?
A.HIVの検査キットはインターネットでも販売されていますが、ご心配なことがある方は、クリニックや病院を受診することをおすすめします。検査キットでは、ご自身で血液採取と判定まで行うため、正確に検査ができない可能性があります。また、もしも陽性で感染していることがわかったとしても、すぐに治療を開始することができません。そのため、検査キットを使用するのではなく、クリニックや病院に行って検査を受けることをおすすめします。
HIVは予防できますか?
A.HIVの主な感染経路は性交渉であるため、HIV感染の有無が不明な方と性行為の機会がある場合には、正しくコンドームを使用し予防することが大切です。また、歯ブラシ、かみそり、ピアスなど血液が付着している可能性があるものについて、他人と共用するのは避けることをおすすめします。
HIVは完治しますか?
A.残念ながら、現在の医学ではHIVウイルスを身体の中から完全に排除することはできず、HIV感染症を完治させることはできません。しかし、抗HIV薬の服用など適切な治療を続けることで、HIVウイルスが体内で増殖するのを防ぐことはできます。ウイルスの増殖を抑えることが出来ると、身体を守る免疫機能を回復し、それを維持することができます。また、免役力を維持させることで、エイズの発症を遅らせることができます。

News

お知らせ

  • 2020/10/21

    ウルトラヴェラのご予約承ります。

  • 2020/10/09

    10/20(火)は臨時休診日となります。

  • 2020/10/05

    10月以降の休診日は日曜・月曜となります。