婦人科検診 | 婦人科疾患検査(子宮頸がん・子宮体がん)、風疹抗体検査、性病検査、ブライダルチェック | 【公式】新宿駅前婦人科クリニック

婦人科検診

Examination

婦人科検診とは

婦人科検診はすでに何かしらの症状がある方が具体的に検査をする目的であったり、ブライダルチェックという主に結婚前の女性を対象とした婦人科の検診と思われがちですが、婦人科疾患の早期発見や、妊娠に影響のある病気の有無を調べるために、年代問わず定期的に受けていただきたいと考えております。


婦人科に限らず、どんな病気でも早期発見・早期治療をするに越したことはありませんが、中でも子宮や卵巣などの婦人科系の病気は、早期発見が重要な病気が多いのにも関わらず自覚症状を伴わないケースもあるため、出来れば一年に1回は受けていただくことをおすすめします。

ブライダルチェックとは

ブライダルチェックとは

ブライダルチェックとは、将来、妊娠・出産を希望されている女性におすすめの婦人科検診のことです。ブライダルチェックは結婚予定の女性を対象とした検診であると思われがちですが、妊娠・出産に関わる婦人科疾患の早期発見に結びつきやすいため、すでに結婚されている方や結婚のご予定がない方でも、検査をしておくと安心です。また、通常は大きな問題のない疾患であっても、デリケートな時期である妊娠期間は、母体や胎児に大きな影響をもたらすこともあります。そのため妊娠を検討されている方は、一度チェックすることをおすすめします。

20代の方はファーストステップチェック

20代の方はファーストステップチェック

生理がくるたびに生理痛に悩まされていたり、経血の量が多いなど、生理について憂鬱さを感じているけれど、痛み止めを飲めば大丈夫だし、病院へ行くほどでもない・・・と思っている方がとても多くいらっしゃいます。しかし、子宮内膜症・子宮腺筋症・子宮筋腫・月経困難症などの婦人科疾患を抱えている場合に、生理痛や下腹部の痛みなどにサインが現れていることがあります。新宿駅前婦人科クリニックでは、性成熟期を迎えた20代の方に向けて、ご自身の身体について、また病気の有無を知るためのファーストチェックとして婦人科検診をおすすめしております。生理のことや月経前症候群(PMS)にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

婦人科検診の検査項目一覧

子宮頸がん検査
(子宮頚部細胞診)
子宮頸がん検査は、子宮の入り口部分を綿棒やブラシなどの器具でこすって粘膜細胞を採取し、がん細胞やなりかけているもの(異型細胞)の有無を顕微鏡で観察する検査です。性行為の経験がある人が対象の検査で、子宮頸がんの危険性をチェックします。
経腟超音波検査 経膣超音波(エコー)の機器を膣内に挿入し、子宮・卵巣の大きさ、形、位置、状態、腫瘍の有無などの異常がないかを調べる検査です。子宮筋腫や子宮内膜の異常、卵巣腫瘍の有無やその種類、妊娠の有無、子宮周囲にたまった腹水や血液の有無、排卵の予想など、たくさんの大切なことがわかる検査です。
性感染症検査 性感染症(STD)の種類によって、おりもの検査と血液検査があります。当クリニックでは、クラミジア、淋病、梅毒、トリコモナス、カンジタ感染、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)、B型肝炎、C型肝炎、成人T細胞白血病、単純ヘルペスの検査を行っております。性感染症についてくわしく知りたい方はこちらをご覧ください。
風疹抗体検査 風疹の抗体の有無を調べるための血液検査です。風疹は発熱などの風邪のような症状とほぼ同時に全身に発疹が出る感染症です。抗体を持っていない妊娠中の女性が風疹にかかると、赤ちゃんに先天性風疹症候群(難聴や心疾患、白内障や緑内障などの障害)を起こすことがあります。妊娠を希望される方は、まずは事前に検査しておくことをおすすめします。
B型肝炎 B型肝炎ウイルス(HBV)の有無を血液検査で調べます。HBs抗原というHBVの外殻を構成するたんぱく質が血液中にあるかを測定し、陽性の場合には、体内にB型肝炎ウイルスが存在すると考えられます。陽性の場合は肝酵素の値なども合わせてみながら、適切な治療や経過観察を受ける必要があります。
貧血検査 貧血は、採血で血液中の赤血球(RBC)・ヘモグロビン(Hb)・ヘマトクリット(Ht)、これら3つの値を調べることで状態がわかります。貧血の中で最も多いのが鉄欠乏性貧血で、成人女性の約10%がこの貧血で、約40%が鉄欠乏状態にある予備軍といわれています。鉄欠乏性貧血の場合、基本は食事療法と鉄剤の服用です。他には難病の再生不良性貧血、赤血球がこわれやすい溶血性貧血、ビタミンB12の欠乏による悪性貧血や病気が原因でおこる二次性貧血などがあります。
甲状腺機能検査 甲状腺の病気の中には甲状腺ホルモンが過不足する病気があります。治療せずに放っておくと、自覚症状がなくても心臓や肝臓などに負担がかかってきます。この状態を見つけるための血液検査が甲状腺機能検査です。妊娠中に甲状腺ホルモンの過不足があると、流産や早産、高血圧の原因になることや、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼす場合があるため、事前にきちんと検査をしておくことが大切です。

News

お知らせ

  • 2020/10/21

    ウルトラヴェラのご予約承ります。

  • 2020/10/09

    10/20(火)は臨時休診日となります。

  • 2020/10/05

    10月以降の休診日は日曜・月曜となります。