クラミジア感染症とは

Chlamydia

クラミジアは薬で治る?
感染原因・潜伏期間・検査・治療

クラミジアは薬で治る?感染原因・潜伏期間・検査・治療

国内での感染者数が100万人以上といわれる「クラミジア」。特に10代後半から20代にかけての感染者が多く、平成31年/令和元年には20~29歳女性の国内感染報告数が過去10年で最多を更新しました(※)。
厚生労働省:性感染症報告数(2004年~2019年)

「女性の性感染症」としても最も多いといわれ、20代女性では20人に3人10代女性では10人に3人がクラミジアに感染しているという報告もありますが、「病院に行くのは恥ずかしい」と、専門医に相談できずにいる方も少なくありません。そこで今回は、誰もが感染する可能性のあるクラミジアについて、感染原因や症状、検査、治療方法などについて解説します。

この記事の監修医師

新宿駅前婦人科クリニック院長 内藤宏明(ないとうひろあき)医師

内藤 宏明(ないとう ひろあき)医師

新宿駅前婦人科クリニック 院長
(母体保護法指定医)

自治医科大学医学部を卒業後、長年産婦人科医としてクリニックや病院勤務で経験を重ね、2020年6月新宿駅前婦人科クリニックを開設。

クラミジアとは

クラミジア(クラミジア感染症)は、日本で最も多い性感染症(STD/性病)の一つです。性行為などを感染経路とし、唾液や分泌液に存在する「クラミジア・トラコマチス」という細菌が粘膜から侵入し、性器やのど、直腸などに伝染することで発症します。

潜伏期間は1〜3週間程度。性行為での感染率が30〜50%と他の性感染症に比べて高く、若い世代への感染が多いのが特徴です。

クラミジアとのど(咽頭)クラミジアの違い

クラミジアは性器だけでなく、のど(咽頭/いんとう)にも感染します。のどに感染したクラミジアのことを「咽頭クラミジア」と呼びます。のどの痛みなどの症状から、普通の風邪と勘違いしやすく、風邪の治療をしようと病院に行ってはじめてクラミジアによる咽頭炎であったことが判明するケースも少なくありません。

オーラルセックスの一般化が進む近年は、特に「咽頭クラミジア」の感染報告数が増加しています。

クラミジアの症状は?

クラミジアは、性器やのどなどの感染部位、さらに性別によって症状が異なります。また症状が出なかったり、出たとしても軽かったりと、自覚症状のない方も数多くなっています

クラミジア性子宮頸管炎。女性はおりもの異常に注意!

女性はおりもの異常に注意!

女性の場合、子宮入口にある子宮頸管(しきゅうけいかん)に感染すると「クラミジア性子宮頸管炎」を引き起こします。感染すると1~3週間程度でおりものの増加や生理痛に似た下腹部の痛み、不正出血、性交痛などの症状が現れることがあります。おりものの異常や不正出血などがあったら、一度検査をするといいでしょう。

ただ、多くの場合は症状がほとんどない、あってもごくわずかなため、自分がクラミジアに感染していることに気づけない方が数多くいるので注意が必要です。

男性の症状

男性の場合、尿道に感染する「クラミジア性尿道炎」を発症することが多いです。感染すると、1~3週間の潜伏期間を経て尿道のむず痒さや不快感、排尿痛、粘り気の少ない膿(うみ)が出るなどの症状が現れます。また睾丸の腫れや発熱などが起こる場合もあります。

しかし男性の場合も、クラミジアは症状が出ないことが多いため、自分が感染していると気づかずに、他人にうつしてしまうケースがあとを絶ちません。

咽頭クラミジアの症状

のどの腫れや痛みといった症状が現れる「咽頭クラミジア」は、男女を問わず発症します。咽頭クラミジアも症状はあまり出ず、出たとしてものどや扁桃腺(へんとうせん)の腫れ、発熱、タンの絡んだせきなど、一般の風邪と似た症状となるため、ほとんどの人が「クラミジアに感染している」と自覚できないままでいます

クラミジアと聞くと「性感染症 = デリケートゾーンの病気」をイメージしがちですが、ここ数年は性器への感染がなくても、のどにクラミジアが感染している症例が多くなっているので、注意が必要です。

クラミジア肺炎

クラミジア感染による呼吸器系疾患には、1歳児以下の新生児が母子感染で発症することがほとんどの「トラコーマ・クラミジア」と、成人がせきやくしゃみなどの「飛沫感染」でうつる「クラミジア肺炎」があります。

1歳児以下の場合、熱はないことがほとんどで、タンが絡むせきや、呼吸をするときに「ヒューヒュー」「ゼーゼー」などと音がする「喘鳴(ぜいめい)」などの症状が出ます。低出生体重児が感染すると重症化のリスクが高まるといわれており、また突然呼吸が止まる「無呼吸発作」を起こす原因にもなるなど、新生児の命にかかわる可能性もある病気です。

成人の場合は長引く乾いたせきが特徴で、高熱が出るケースは少なく、また症状が軽いクラミジア肺炎の場合は自然に治ることもあります。

クラミジア結膜炎

クラミジア結膜炎は、成人と新生児で症状が変わります。成人の場合は性交渉による感染後、膿状の目ヤニ・充血・リンパ節の腫れ・痛みなどが生じ、新生児の場合は出産時の産道感染後、膿状の目ヤニ・充血といった症状が現れます。

クラミジアは自覚症状がない?

クラミジアは自覚症状がない?

クラミジアは男女問わず、自覚症状がほとんど出ないのが特徴です。出たしてもわずかな症状で、風邪やストレスによる体調変化と勘違いしやすいため、「自分がクラミジアに感染している」と自覚できない方が極めて多い性感染症となっています。

その結果、クラミジアを治療しないままクラミジアを他人にうつし、感染を拡大させてしまう例が、若い世代を中心に頻発しています。このことが若者に感染者が多い原因といえるでしょう。

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00 ※最終窓口受付 18:30

クラミジアと不妊症の関連性

クラミジアと不妊症の関連性

クラミジアは自覚症状がほとんどないことから「大したことのない病気」と思われるかもしれません。しかしクラミジアは「不妊症」の原因となる病気の一つです。

女性がクラミジアに感染すると、「子宮頸管(けいかん)炎」や「子宮内膜炎」「卵管炎」「腹膜炎」などを発症しますが、自覚症状がないと感染に気付かぬままこれらの症状が慢性化してしまいます。その結果、精子が子宮頚管を通過できなくなったり、通過しても受精卵が着床しづらくなったり、卵管が詰まるといった症状が発生します。

クラミジア感染は放置しておくと不妊症へとつながってしまう、深刻な病気なのです。

要注意!妊娠中のクラミジア感染

クラミジアに感染したことに気付かないまま妊娠したり、妊娠中にクラミジアに感染することにも注意が必要です。妊娠中にクラミジアに感染すると、「早産」の原因となる可能性があります。さらに、分娩時に赤ちゃんが産道で感染してしまう可能性もあります。

クラミジアが母子感染すると、新生児クラミジア結膜炎や新生児クラミジア肺炎を引き起こす原因となるので、妊娠30週頃までに検査を受けて「陽性」の場合には、分娩時までに抗生剤を服用し、きちんと治療しておくことが大切です。

心当たりがないのに!
クラミジアの感染経路

クラミジアの感染経路は性交渉がほとんどです。しかし感染後も症状が出なかったり、出たとしてもわずかな症状だったりするケースが多いため、いつ、どのタイミングで感染したのか判別しづらいという特徴をもっています。

浮気発覚?夫としかしてないのにクラミジア

クラミジアは自覚症状がないまま他人にうつしてしまうことの多い性感染症です。そのため、感染していることが分かると「身に覚えがないのにどうして……」とパニックに陥ったり、パートナーの浮気を疑ったりしてしまう方もいるかもしれません。

しかし、クラミジアは性行為をした人は誰でも、たった1回の性行為でも感染する可能性がある病気です。しかも自覚症状が出にくいため、直近の性交渉で感染したのか、それとも10年前の性交渉から感染していたのか、当人でさえわからないことが珍しくありません。「わたし、浮気されたかも……」などと早とちりする前に、まずはパートナーと一緒に、しっかりと治療していきましょう。

キス・性交渉によるクラミジア感染

クラミジアは感染した部位の粘膜や分泌液に接触することで伝染する接触感染です。そのため男性の尿道や女性の子宮頚管などがクラミジアに感染している場合、性交渉により相手もクラミジアに感染する可能性が高まります

またキスの場合、通常のキスであれば咽頭クラミジアの感染リスクはそこまで高くないといわれています(※)。しかしディープキスで感染率が高まる可能性があります。
厚生労働省:オーラルセックス(口腔性交)による性感染症に関するQ&A

ストレスが原因でクラミジアに?

ストレスが直接の原因となってクラミジアを発症することはありません。

ストレスによる身体の変調で免疫力が低下し、それが何らかの病気の要因となる可能性はありますが、クラミジア自体は感染部位の粘膜や分泌液に接触することで発症する感染症ですので、ストレスが直接の引き金になることはありません

お風呂でクラミジア感染はしません

性感染症と聞くと「お風呂に一緒に入っただけでうつる」と思ってしまう方も少なくないようですが、クラミジアはお風呂で感染することはまずありません

クラミジアは感染した部位の粘膜に接触することでうつる感染症なので、お風呂場や空気感染などの間接的な感染はほとんどないでしょう。

もちろん一緒に入ったお風呂で感染部位に粘膜接触すれば、感染する可能性は高くなってしまいます。

クラミジアの感染率と潜伏期間

クラミジアは一度の性行為で30〜50%程度の確率で感染するともいわれており、感染率の高さが特徴です。感染してから症状が現れるまでの潜伏期間は1週間~3週間ですが、潜伏期間を超えても自覚症状が出にくいため、いつ感染したかが極めて分かりにくくなっています。

クラミジアの検査・治療法

クラミジアの検査は尿や分泌液、うがい液などで検査する「抗原検査」が主流です。性器部分のクラミジアの場合、女性は綿棒などを使用して腟からの分泌物を採取し検査します。男性の場合は尿検査を行います。

のど(咽頭)のクラミジアの場合は、生理食塩液(食塩水やミネラルウォーター)でうがいをしていただき、そのうがい液を検査します。なお、現在クラミジアの自覚症状がなくても、過去にかかったことがあるかどうかを調べる場合は、血液採取による「抗体検査」を行うこともできます。

クラミジアの感染が確認されたら、薬(抗生物質)による投薬治療を行います。期間は1週間程度で、基本的に抗生物質を服用することで完治することが多いです。

クラミジアは自然治癒するの?放置してもいいの?

まれにではありますが、クラミジアは1年程度で自然治癒する可能性もあります。しかしクラミジアの放置は慢性的な腹痛、卵管閉塞など合併症のリスクが高くなるため、必ず定期的な検査を受け、感染が判明した場合は治療を行いましょう。

クラミジア検査は婦人科・性病科・泌尿器科

クラミジアの検査は婦人科(産婦人科)、性病科、泌尿器科で行っております。

性感染症は早めの治療が重要です。新宿駅前婦人科クリニックでは、無症状であってもクラミジアの即日検査が行えますので、少しでも不安な点があれば当クリニックまでお気軽にご相談ください。

保険診療
※症状がある場合
約1,200円程度
クラミジア(腟) 5,500円
即日検査+2,200円
クラミジア(咽頭) 5,500円
即日検査+2,200円
クラミジアの治療方法と治療期間

クラミジアの治療方法と治療期間

クラミジアの治療は抗菌薬(抗生物質)の服用となります。1週間程度の服用で治る方が多いですが、個人差があり2週間~4週間かかることもあります。また抗生物質を服用したとしても、完治したかどうかは服用後の再検査が不可欠です。

抗生物質を服用し、仮に症状が治まったとしても、自己判断で内服を中止したりせず、必ず医療機関でクラミジアの再検査を行いましょう。新宿駅前婦人科クリニックでは、抗生物質の処方後から3週間後に再検査を行っています

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00 ※最終窓口受付 18:30

クラミジアの薬は?

クラミジア治療で使用される抗菌薬(抗生物質)は以下のうちいずれかとなります。

  • ・アジスロマイシン(ジスロマック)
  • ・クラリスロマイシン(クラリス、クラリシッド)
  • ・レボフロキサシン(クラビット)
  • ・シタフロキサシン(グレースビット)

クラミジアの市販薬はある?通販で買える?

クラミジアの治療で使われる「抗菌薬(抗生物質)」の処方は、医師の判断が必要です。そのためドラッグストア・薬局など販売されるクラミジアの薬はありません

近年はインターネット通販などで抗菌薬が「クラミジアの治療薬」として販売されている例が一部見られますが、これらは安全性が不明であり、耐性菌により服用しても完治しない可能性があります。根拠のない口コミ情報を信頼せずに、必ず医療機関で専門の医師による検査・治療を行ってください。

クラミジアは完治しない?

クラミジアは、婦人科・性病科などで検査・治療すれば完治する病気です。大切なことは医療機関から処方された抗菌薬(抗生物質)を服用したのち、病院で「治癒確認検査(再検査)」をきちんと行うことといえるでしょう。

処方された薬を服用しただけで「治った」と自己判断はせず、必ず医療機関で「治癒確認検査」を行い完治したことを確認するようにしてください

クラミジアは再発する?

クラミジアは完治すれば「再発」することはありません。しかし完治したとしても、パートナーが治療をしていなければ、パートナーとの性交渉で「再感染」してしまう可能性が高くなります。

クラミジアに限らず、性感染症ではパートナー同士がお互いに感染させあう「ピンポン感染」が非常に多くなっています。ご自身だけでなく、パートナーも一緒に治療し、治癒後も感染予防に努めましょう。新宿駅前婦人科クリニックでは、症状がなくてもクラミジア検査ができますので、定期的に検査を希望される場合は、ぜひ当クリニックにご相談ください。

お近くのクリニックへ相談(提携院のご紹介)

  • 大宮駅前婦人科クリニック

    【埼玉エリア:大宮駅徒歩0分】女性が抱えるお悩みを気軽に安心してご相談いただけるよう、プライバシーに配慮したクリニックです。あらゆるライフステージにおける女性に寄り添います。

  • 心斎橋駅前婦人科クリニック

    【大阪エリア:心斎橋駅徒歩0分】生理のお悩み・婦人科検診・ミレーナ・性病・即日無痛の人工妊娠中絶手術などご相談ください。「心と身体の拠りどころ」となれるようサポートいたします。

クラミジアに関するよくあるご質問

クラミジアの検査・治療に保険は適用されますか?
A.自覚症状がある方は、保険診療が可能です。自覚症状のない方は自由診療(自費)となります。また保険診療で個人情報を明かしたくない方や、保険組合からの通知が自宅に送付されたら困るという方も、自由診療での検査・治療が可能です。患者様のご事情に応じて、保険診療・自由診療のご相談も承ります。お気軽に新宿駅前婦人科クリニックにお問い合わせください。
コンドームをすればクラミジアは予防できますか?
A.コンドームの着用はクラミジア予防に有効ですが、オーラルセックスなどでもうつる可能性があるため、完全な予防は難しいです。オーラルセックス時にコンドームを使用することはもちろん、医療機関での定期的な検査が大切です。
クラミジア検査で痛みを感じることはありますか?
A.即日検査が可能な「抗原検査」では尿や分泌液、うがい液などを用いるため、痛みを感じることはありません。クラミジアの既往(過去にかかったことがあるかどうか)を調べるときは血液検査を行いますが、その際は採血による多少の痛みが生じます。チクっとする程度の痛みですので、過度なご心配はいりません。
咽頭クラミジアはキスでうつりますか?
A.通常のキスでうつる可能性は極めて低いといわれています。しかしディープキスで感染率が高まるという指摘もされており、注意が必要です。
パートナーがクラミジアの治療中に性交渉をしました。うつりますか?
A.はい、完治していない場合はクラミジアに感染する可能性があります。再検査による陰性が確認されない限り、クラミジア治療中の性交渉は止めておきましょう。また、パートナーがクラミジアに感染している場合は、ご自身もすでに感染している可能性があります。その際はパートナーだけでなく、お二人で検査・治療を行ってください。

News

お知らせ

  • 2021/03/29

    子宮頸がんワクチン9価取り扱っております。

  • 2021/01/05

    お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。

  • 2020/12/07

    12/31~1/4は休診日となります。