ブライダルチェック|新宿駅前婦人科クリニック-東京都

ブライダルチェック

Bridalcheck

ブライダルチェックとは

ブライダルチェックとは

将来の妊娠、出産のための婦人科検診

ブライダルチェックとは、将来妊娠・出産を望まれる女性のための婦人科検診のことです。結婚前だけでなく、結婚後に受けられる方も多くなっています。ブライダルチェックを受けることで、子宮・卵巣の疾患や、性感染症を検査することができます。

これらの婦人科系の疾患は、早期発見・早期治療をすることで、不妊や流産のリスクを軽減させることが可能です。そのため、妊娠を希望される女性には、早めに受けていただきたい検査となります。

新宿駅前婦人科クリニックは、患者様お一人おひとりのお悩みを親身に・丁寧にお伺いし、ライフスタイルを尊重した診療を行う産婦人科レディースクリニックです。ぜひお気軽にご相談ください。

ブライダルチェックの費用

当クリニックのブライダルチェックは、8種類の検査項目がセット(診察料込み)となっています。保険適用にならないため、あらかじめご了承ください。また、オプション検査を追加することも可能です。ご希望の方はお問合せください。

子宮卵巣の超音波検査
子宮頸がん検査
クラミジア検査
淋病検査
貧血検査
糖尿病検査
甲状腺機能検査
風疹抗体価
17,000円(税抜)
ブライダルチェック
※風疹抗体価検査を除く場合
16,000円(税抜)
ブライダルチェック
※子宮頸がん検査を除く場合
15,000円(税抜)

オプション料金

麻疹抗体検査
(はしか)
2,000円(税抜)
ムンプス抗体検査
(おたふくかぜ)
2,000円(税抜)
AMH検査
(卵巣予備能検査)
7,000円(税抜)
HPVタイピング検査 20,000円(税抜)
その他 ご相談ください

お急ぎの方はお電話ください

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00 ※最終窓口受付 18:30

ブライダルチェックは
このような方が受けられております

 婦人科のお悩み一覧

下記に当てはまる方は、当クリニックまでお気軽にご相談ください。

  • 01
    将来妊娠、出産を希望している
  • 02
    自然妊娠を望んで1年経過した
  • 03
    妊娠に影響する病気がないか気になる
  • 04
    デリケートな内容なので個室で相談したい
  • 05
    定期的に女性特有の病気を検査したい
  • 06
    平日ではなく土曜日に検査したい

ブライダルチェックの内容一覧

当クリニックのブライダルチェックでは、主に8つの項目を検査します。

子宮卵巣の超音波検査 子宮卵巣の超音波検査では、親指大の超音波の機器を挿入し、子宮筋腫などの子宮の病気や、子宮内膜症や卵巣嚢腫などの卵巣の病気がないかを調べます。痛みはありませんので、リラックスしてお受けいただけます。
子宮頸がん検査 子宮頸がん検査では、検査専用の綿棒のようなもので子宮頸部をこすり、細胞を採取することで、子宮頸がんが生じているかを検査します。子宮頸がんは、一定の時間をかけてゆっくりと増殖するため、無症状のときから定期的に検診を受ける必要があります。そうすることで、早期発見が可能です。子宮頸がんは30〜40代の方に多いですが、近年では20代の方でも急増しています。
クラミジア検査 クラミジア検査は、膣内分泌物を検査することで「クラミジア・トラコマティス」という病原菌の有無を調べます。日本人女性に多い性感染症で、自覚症状がほとんどないため、発見しにくいことが特徴です。治療のきっかけがないまま感染が長期化すると、子宮外妊娠や不妊の原因となります。また、赤ちゃんが産道で感染すると結膜炎・咽頭炎・肺炎を引き起こすリスクがあります。
淋病検査 おりものを採取し、淋菌の有無を調べます。自覚症状がないことが多いですが、進行していくと不正出血や下腹部痛の原因にもなり、不妊にも繋がるため、早期発見・治療が必要です。クラミジアと同時に発症することが多いため、両方検査をすることをおすすめします。
貧血検査 貧血については、血液検査で調べます。貧血は原因によって様々な種類がありますが、最も多く診断される貧血は、体内の鉄が足りなくなることによっておこる「鉄欠乏性貧血」です。女性の場合は「過多月経」など月経時の経血量が多すぎることによる貧血も起こりえます。立ち眩みが生じたり、疲れがとれない方、息切れが起こりやすい方は、一度検査されることをおすすめします。また、適切なバランスの良い食生活を心がけるようにしてください。
糖尿病検査 糖尿病の検査は、血液検査で行います。糖尿病であるリスクは、若い女性であればほとんど心配する必要はありません。しかし、糖尿病と知らずに妊娠してしまうと、胎児奇形が出る可能性や、妊娠中の合併症のリスクが高まります。そのため、ブライダルチェックの際には検査しておくと安心です。
甲状腺機能検査 甲状腺機能検査は血液検査にて行います。甲状腺機能の異常は女性に多い疾患です。バセドウ病や橋本病などの甲状腺機能の疾患は、生理に異常をきたすことがあるため、妊娠前に検査する必要があります。
風疹抗体価 風疹ウイルスに対する免疫の有無を血液検査で調べます。妊娠初期に風疹にかかると、胎児に感染する可能性があり、心臓奇形・聴力障害・白内障・発達障害などの、先天異常が生じる場合があります。免疫がない場合には、ワクチンを接種します。

お急ぎの方はお電話ください

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00 ※最終窓口受付 18:30

ブライダルチェックと基礎体温

ブライダルチェックと基礎体温

身体のリズムをセルフチェック

ブライダルチェックを受けようとお考えの方は、ご自身の月経周期や排卵の有無、妊娠しやすい時期を知るために、基礎体温をつけることをおすすめします。基礎体温とは、必要最低限のエネルギーを使っている状態(睡眠)の体温のことです。目が覚めてすぐに体温を測れるように、寝ている状態で手が届く範囲に体温計をおいておきましょう。

基礎体温表をお持ちいただくと、患者様の身体のリズムを把握することができ、もしも妊娠を希望されている場合には効果的な性交渉のタイミングをアドバイスすることも可能です。もちろん、基礎体温をつけていなくてもブライダルチェックをすることはできますので、ご安心ください。当クリニックは、ブライダルチェックを通じて、よりご自身の身体について興味や理解を深めるきっかけになれたらいいなと思っております。

ブライダルチェックに関する
よくあるご質問

ブライダルチェックはいつ受けるべきですか?
A.ブライダルチェックは、妊娠を希望されるのであれば、早めに受けていただくほうが良いでしょう。結婚前・結婚後にかかわらず、疾患を早期発見できれば、治療を早く始めることができ、不妊のリスクなども軽減することが期待できます。
男性もブライダルチェックを受けられますか?
A.男性のブライダルチェックでは、性感染症検査の他に、精液検査を行い、妊娠能力などをチェックします。当クリニックでは、女性のブライダルチェックのみお受けしており、男性のブライダルチェックはお受けいただけません。男性のブライダルチェックは、一般的に泌尿器科や不妊治療を行っているクリニックなどで受けられます。妊娠を希望される場合は、女性だけでなく、男性もブライダルチェックを受けることをおすすめします。
ブライダルチェック前の注意点はありますか?
A.ブライダルチェックにおける注意点は以下の通りです。ご来院前にご確認ください。
・月経中の検査はお控えください。
・内診台での検査がしやすいよう、脱ぎ着しやすい服装でご来院ください。
・採血をするため、肘が出しやすい服装でご来院ください。
ブライダルチェックを受ける前日は飲酒してもいいですか?
A.正確な検査を行うために、一般的な健康診断同様に、飲酒と夜21時以降の食事は控えていただくことをおすすめします。夜更かしを避けて、できるだけリラックスした状態でお過ごしください。
服用している薬がある場合も、ブライダルチェックを受けられますか?
A.基本的には受けていただけますが、一度診察の上で決定いたします。また、受診される際にお薬手帳をお持ちください。
ブライダルチェックの検査結果を電話で教えてもらえますか?
A.新宿駅前婦人科クリニックでは個人情報保護のため、お電話による検査結果のお伝えは出来かねます。ご本人様にご来院いただき、結果をお話しさせていただきますので、予めご了承ください。

News

お知らせ

  • 2020/10/21

    ウルトラヴェラのご予約承ります。

  • 2020/10/09

    10/20(火)は臨時休診日となります。

  • 2020/10/05

    10月以降の休診日は日曜・月曜となります。