低用量ピル(経口避妊薬)| 待ち時間の少なく早い院内処方 | 新宿駅前婦人科クリニック【公式】早い処方

低用量ピル(経口避妊薬)

Birthcontrol

ライフスタイルに合わせたご提案

毎日服用することで、高い避妊効果を得られるのが「低用量ピル(経口避妊薬)」です。望まない妊娠を避けるために用いられます。また、低用量ピルの副効用として、生理痛の軽減やPMS(月経前症候群)の緩和などが挙げられます。

そのため、避妊のみならず、月経に関する悩みを改善するために、低用量ピルを服用される方もいらっしゃいます。低用量ピルの効果や副作用などを知り、上手に活用することで、これまで感じていた女性ならではの辛さや、わずらわしさを軽減することが可能です。

低用量ピルとは

まずは、低用量ピルの仕組みや種類についてご説明します。避妊を目的としてピルを服用しようとお考えの方は、しっかりとピルの仕組みについて理解するようにしましょう。

服用のメリット

低用量ピルの仕組み

低用量ピルは、女性ホルモンの働きを利用した経口避妊薬です。低用量ピルを服用することで、主に下記の2つの効果を得られます。

  • ・排卵の抑制(主作用)
  • ・子宮内膜の増殖を抑制する

低用量というのは、避妊効果を得られるホルモンの量が、最低限まで低用量化されているということです。副作用を少なくするために低用量化されていますが、正しく服用すれば安全で高い避妊効果があるため、ご安心ください。

低用量ピルの種類一覧

低用量ピルは、一相性・三相性の2種類あります。それぞれの違いは、1シートの錠剤の中で配合されているホルモン量です。

一相性:ホルモン量が変わらない

三相性:ホルモンの量が3段階に分かれている

ホルモン量が3段階に分かれている三相性は、より女性ホルモンの周期に似た飲み方ができると考えられています。1シートが1ヶ月分で、21錠タイプと28錠タイプがあり、28錠タイプには休薬期間に服用する偽薬が含まれています。

当クリニックでは、一相性の「マーベロン28・ファボワール28」と、三相性の「トリキュラー28・ラベルフィーユ28」を取り扱っております。また月経困難症などの保険適応となっている、一相性のヤーズフレックス等の低用量ピルも処方可能です。

お急ぎの方はお電話ください

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00 ※最終窓口受付 18:30

低用量ピルの効果

次に、低用量ピルの効果についてご説明します。低用量ピルには、避妊効果以外にも、女性の悩みを改善する様々な効果(副効用)が期待できます。

低用量ピルの副効用
※本来の効能以外の、好ましい効果

生理痛の軽減、月経血量の減少、生理不順の改善、子宮内膜症の予防と改善、PMS(月経前症候群)の軽減、ニキビ・多毛などの改善、更年期症状・骨粗鬆症の予防、卵巣がんの発生リスク低下、子宮体がんの発生リスク低下、大腸がんの発生リスク低下

低用量ピルには、上記のような効果が期待できます。

特に「いつ生理がくるかわからない」といった生理不順の方や、生理痛が重く日常生活に支障をきたしてしまう女性には、低用量ピルの服用をおすすめしております。低用量ピルには、避妊はもちろん女性ならではのお悩みを軽減する効果もあるため、まずは一度お気軽にご相談ください。

低用量ピルの副作用について

低用量ピルには、高い避妊効果や副効用がある反面、副作用もあります。低用量ピルの主な副作用は以下の通りです。

低用量ピルの副作用

吐き気、むかつき、乳房の張り、乳房の痛み、頭痛、偏頭痛、下腹部痛、下痢、むくみ、血栓症等

低用量ピルの服用を始めてから最初の数日間は、妊娠初期に似た吐き気・むかつき・頭痛・むくみ・乳房の痛みなどの症状が現れることがあります。また、少量の不正出血などが生じることもありますが、これらの症状は体が慣れるまでの一時的なもので、数日でおさまる方もいれば、1~2か月程度続く方もいらっしゃいます。

当クリニックでは、副作用ができるだけ起こらないよう、定期的な診察や検査を行うことで、安心して低用量ピルを服用いただけるよう努めております。低用量ピルの副作用について、ご不明点やご不安な点がある場合は、診察時に医師までご相談ください。

低用量ピルの費用

トリキュラー28 2,100円(税込)
マーベロン28 2,100円(税込)
ラベルフィーユ28 2,000円(税込)
ファボワール28 2,000円(税込)

当クリニックで取り扱っている自費の低用量ピルの料金は上記の通りです。

低用量ピルの飲み方

低用量ピルは「1日1回1錠を28日間服用」します。当クリニックで処方している低用量ピルは、いずれも28錠タイプですが、薬効成分配合の錠剤が21錠、偽薬(プラセボ)が7錠含まれています。偽薬が含まれている理由は、休薬期間(薬効成分を服用するのをやめる期間)にも、飲み忘れを防ぎ、薬の内服を習慣づけるためです。

低用量ピル服用の際の注意点・禁忌

低用量ピル服用の際の注意点・禁忌
  • 1.低用量ピル(経口避妊薬)を服用することで、高い避妊効果や様々な悩みを改善することは可能ですが、性感染症(STD)を予防することはできません。性感染症を予防するためには、コンドームを使用するようにしてください。
  • 2.低用量ピル服用中に、月経が2周期続けてこない場合や、飲み忘れがあった場合などで月経がこないときには、妊娠の可能性があります。そのような場合はなるべく早くクリニックを受診し、医師にご相談ください。
  • 3.低用量ピル服用中に、激しい下痢や嘔吐が続く場合は、薬の成分が吸収されにくくなり、妊娠する可能性が高くなります。その際には、下痢や嘔吐などの辛い症状を我慢せず、医師にご相談ください。
  • 4.低用量ピルの服用を希望される方で、他の薬を併用して服用されたい場合は、その都度、医師にご相談ください。

低用量ピルを服用できない方

低用量ピルは、女性ホルモンが主成分の薬のため、女性ホルモンに由来する病気(乳がんなど)にかかっている・かかったことのある方は、服用することができません。

また、低用量ピルに含まれるエストロゲンという成分に、血液を固めやすくする働きがあります。そのため、血栓症のリスクが高くなる可能性のある方も服用できません。

低用量ピルを服用できない方
(セルフチェック)

  • ・重い持病をお持ちの方
  • ・原因不明の不正出血のある方
  • ・高血圧の方
  • ・静脈血栓症などの既往歴のある方
  • ・片頭痛で前兆を伴ったり、症状がひどい方
  • ・35歳以上で1日に15本以上喫煙される方
  • ・乳がんや子宮体がんの疑いがある、またはかかっている方
  • ・妊娠中や出産後6週間以内の方
  • ・授乳中の方
  • ・40歳以上の方
  • ・BMI30以上の方
  • ・糖尿病の方

よくあるご質問

最後に、低用量ピルに関するよくあるご質問をご紹介します。

低用量ピルは服用することで太るのですか?
A.低用量ピルを服用することで太ると思われている方がいらっしゃいますが、低用量ピル自体に体重増加の副作用などはありません。低用量ピルの服用で太ると言われる原因として、ピルに含まれるエストロゲンの保水作用や、ピルによる体調改善が食欲増進につながることなどが考えられています。ピルの種類を変えることで、改善効果が見込まれる場合もあるため、ご不安な場合は医師にご相談ください。
低用量ピルは通販で購入できますか?
A.低用量ピルは、インターネット通販などでも購入することが可能です。しかし、相場の値段よりも安く販売しているものの中には、偽物が含まれている可能性があります。そのような偽物の低用量ピルを服用してしまうと、希望する避妊効果が得られなかったり、重篤な副作用が生じたりする場合があります。そのため、低用量ピルの服用を希望される方は、専門のクリニックにて処方してもらうことをおすすめいたします。
低用量ピルを飲み忘れた際はどうすれば良いですか?
A.低用量ピルを飲み忘れることは、実は珍しいことではありません。どのタイミングで飲み忘れたか、何日分飲み忘れたのかによって、対処方法が異なりますので、くわしくご説明します。

1錠の服用を忘れた場合
※直前の実薬服用から24時間以上48時間未満経過した場合

【避妊のために】
飲み忘れた錠剤をなるべく早めに服用し、残りの錠剤は予定通りに服用してください。

【妊娠の確率を最小化するために】
緊急避妊は通常必要ないですが、同じ周期に既に飲み忘れがある場合、または前の週期の最終実薬週に飲み忘れがある場合は検討してください。

2錠以上服用を忘れた場合
※直前の実薬服用から48時間以上経過した場合

【避妊のために】
飲み忘れた錠剤のうち直近のものをなるべく早めに服用し、残りの錠剤は予定通りに服用してください。また、7錠以上連続して服用するまではコンドームを使用するか、性交を避けてください。

【妊娠の確率を最小化するために】
第一週に飲み忘れた場合:休薬期間または第一週に性交を行った場合には緊急避妊を検討してください。
第二週に飲み忘れた場合:直前7日間に連続して正しく服用していた場合は緊急避妊は必要ありません。
第三週に飲み忘れた場合:休薬期間を設けず、現在のシートの実薬を終了したらすぐに次のシートを服用し始めてください。

低用量ピルをやめるタイミングはいつですか?
A.低用量ピルのやめるタイミングとしては、1シートを服用し終わったタイミングが良いでしょう。また、ピルの主成分は女性ホルモンのため、服用をやめることで、体調などへの支障はありません。
低用量ピルは中学生でも服用できますか?
A.低用量ピルは、初経発来後から開始できますが、骨成長への影響も考慮する必要があり、内服可能であるかどうかは当クリニックまでご相談ください。
低用量ピルにはニキビ改善効果もあるのですか?
A.低用量ピルには、ニキビ改善効果も期待できます。ニキビの原因のひとつに、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが、皮脂の分泌を過剰にすることが挙げられます。低用量ピルには、ジヒドロテストステロンの元になる、テストステロンの分泌を抑える働きがあるため、結果として皮脂の分泌を抑え、ニキビの発生を防ぐ効果が見込まれます。
低用量ピルは保険適用ですか
A.低用量ピルは、月経困難症や子宮内膜炎の治療のためであれば、保険適用内で処方することが可能です。しかし、避妊のためなど治療以外の目的での処方の場合は、保険適用されず、自費診療となります。
低用量ピルを服用していても、中に出すと妊娠しますか?
A.「低用量ピルを飲んでいるから中出ししても大丈夫」と思っている人は少なくないでしょう。実際、正しくピルを服用していれば、99.8%もの避妊効果があります。しかし、ピルは1日でも服用を忘れると、妊娠を防ぐ効果がなくなってしまうため、注意が必要です。また、低用量ピルでは、性感染症の予防はできません。性感染症の予防には、コンドームを使用するようにしましょう。
  • 緊急避妊・アフターピル

    アフターピルは排卵や着床を阻害する作用を持つため、24時間以内に服用すると高確率で避妊することができます。

News

お知らせ

  • 2020/10/21

    ウルトラヴェラのご予約承ります。

  • 2020/10/09

    10/20(火)は臨時休診日となります。

  • 2020/10/05

    10月以降の休診日は日曜・月曜となります。