マイコプラズマ感染症とは

Mycoplasma

マイコプラズマ感染症(性病)とは?
症状や検査方法、治療薬、感染率

マイコプラズマ感染症の原因【肺】マイコプラズマ・ニューモニエ【膣・尿道】マイコプラズマ・ジェニタリウム/マイコプラズマ・ホミニス

ここ数年、性交渉を感性経路に、デリケートゾーンの「マイコプラズマ感染症」が増えています。実際、「クラミジア」と「淋菌」に次いで、マイコプラズマが子宮頚管炎や尿道炎の原因菌といわれるほど、患者数が増加しているのです。

マイコプラズマといえば、肺炎をイメージされる方がほとんどかもしれませんが、実は誰もが感染する可能性のある性感染症でもあります。マイコプラズマによる性感染症にならないためにも、感染経路や予防方法、そして感染したときの症状・治療法などをきちんと知っておきましょう。

この記事の監修医師

新宿駅前婦人科クリニック院長 内藤宏明(ないとうひろあき)医師

内藤 宏明(ないとう ひろあき)医師

新宿駅前婦人科クリニック 院長
(母体保護法指定医)

自治医科大学医学部を卒業後、長年産婦人科医としてクリニックや病院勤務で経験を重ね、2020年6月新宿駅前婦人科クリニックを開設。

マイコプラズマとは

「マイコプラズマ」とは細菌の名前で、その種類は数多くあります。感染した細菌の種類によって、肺炎や尿道炎、子宮頚管炎、のど(咽頭)の炎症などを引き起こします。

マイコプラズマ肺炎との違い

日本でもよく知られる「マイコプラズマ肺炎」は、「マイコプラズマ・ニューモニエ」(肺炎マイコプラズマ)という細菌に感染することで発症します。

対して、尿道や腟に感染するのは「マイコプラズマ・ジェニタリウム」「マイコプラズマ・ホミニス」という細菌で、こちらは尿道炎や子宮頚管炎の原因になります。

マイコプラズマ(性病)の感染経路

マイコプラズマ(性病)は、感染者の体液や粘膜が、粘膜接触することで感染・発症します。飛沫感染することはありませんが、キスでも感染する可能性があります。

主な感染経路

マイコプラズマ(性病)の主な感染経路は、キスを含む性交渉です。

  • ・オーラルセックスを含む性交渉
  • ・キス

マイコプラズマ(性病)の感染率は?

「マイコプラズマ・ジェニタリウム」「マイコプラズマ・ホミニス」はいずれも、感染力自体は弱いとされています。

しかし、感染者数はクラミジアや淋菌感染症(淋病)に次ぐほど増えているため、性交渉時には誰でも感染する可能性がある病気です。

マイコプラズマ(性病)の潜伏期間

マイコプラズマの潜伏期間は、おおよそ1週間から5週間程度とされています。
ただ、症状が現れるまでには個人差があり、感染の翌日に何らかの症状が出る可能性もあります。性交渉後、少しでも違和感を覚えたのであれば、早めに医療機関を受診しましょう。

お急ぎの方はお電話ください

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00 ※最終窓口受付 18:30

マイコプラズマ(性病)の症状

マイコプラズマに感染すると、デリケートゾーンのかゆみや痛み、のどの違和感など、クラミジアや淋病に似た症状が現れます。症状の強さはクラミジアや淋病よりも緩やかともいわれますが、個人差があり、さらに放置してしまうと重い病気に進行する可能性も否定できません。

女性の場合、腟にマイコプラズマが感染すると、おりものの量が増える・外陰部にかゆみ/違和感がある・排尿時に痛みを感じる、といった症状が!

女性の場合

女性の場合、腟にマイコプラズマが感染すると、主に以下のような症状が現れます。

  • ・おりものの量が増える
  • ・外陰部にかゆみ/違和感がある
  • ・排尿時に痛みを感じる

しかし、腟に感染した場合は、ほとんどの方が無症状です。
また症状がある場合も、個人差はあるものの、軽症のことが多いといわれています。しかし、無症状であっても感染を放置してしまうと重症化する恐れがあるため、定期的な検診で感染の有無を確認しておきましょう。

男性の場合

男性がマイコプラズマに感染した場合、性器に軽いかゆみを感じたり、尿道から膿が出たりするなど、クラミジアによく似た症状が現れます。

  • ・性器にかゆみ/違和感がある
  • ・排尿時に痛みを感じる
  • ・尿道から膿が出る

のど(咽頭)に感染した場合

マイコプラズマはキスやオーラルセックスを感染経路として、のどに感染することがあります。のどに感染したときの症状は、下記です。

  • ・のどに痛み/違和感がある
  • ・せきが出やすくなる

ただ、のどに感染した場合も、自覚症状がない方がほとんどです。そのため自分が感染しているとは気づかないままの方が、多数います。

クラミジアとマイコプラズマの違い

マイコプラズマは、感染経路・感染部位・症状と、クラミジアとよく似た性感染症です。
自覚症状が出ないケースが多いことも同様で、検査をしないとクラミジアかマイコプラズマかを判断することは難しくなっています。

クラミジアもマイコプラズマも、感染してしまうと他人にうつす可能性のある病気です。自覚症状がなくとも、感染が少しでも疑われるのであれば、必ず医療機関で検査を受け、必要に応じて治療を進めましょう。

マイコプラズマ(性病)は放置しても自然治癒する?

性感染症のマイコプラズマは、無症状、もしくは軽い症状であることがほとんどです。そのため治療せずに放置してしまう方も少なくありません。

しかし、マイコプラズマは放置しても自然治癒は期待できません。さらに重症化する恐れもあるため、自覚症状がなくとも、医療機関で定期的な検査・治療を受けてください。

マイコプラズマと不妊症の関連性。放置すると、卵管炎・腹膜炎・子宮外妊娠・不妊症など、様々なリスクが・・・

不妊症との関連性

女性がマイコプラズマに感染したまま放置してしまうと、病気が進行し、以下のような重い症状に移行する恐れがあります

  • ・卵管炎
  • ・腹膜炎
  • ・子宮外妊娠
  • ・不妊症

デリケートゾーンがマイコプラズマに感染すると、その部位は炎症を起こします。炎症が長期間になれば、「子宮頸管炎」や「子宮内膜症」を引き起こし、将来的に不妊症となる恐れがあるのです。また子宮頸がんのリスクも高まります。必ず治療を受けましょう。

自覚症状がほとんどなくても他人にうつす可能性がある!

マイコプラズマは感染者本人に自覚症状がなくとも、性交渉などを通じ他人にうつす可能性があります。

マイコプラズマの症状は個人差があります。たとえ自分が無症状であっても、感染させてしまった人は重症化してしまう恐れがあるのです。自分が感染源にならないよう、普段から予防や検査を心がけてください

マイコプラズマ(性病)の検査方法

マイコプラズマの感染は、採取物のDNAを調べる「PCR検査」で確認します。女性は腟分泌液を、男性は尿をそれぞれ採取し検査します。感染部位がのどの場合はうがい液を採取し検査します。

マイコプラズマ(性病)の検査キットについて

インターネット通販などでは、マイコプラズマの感染を自宅で調べられる「検査キット」を販売している例が多いです。

性感染症の検査は、恥ずかしくて病院に行くのをためらう方や、仕事で病院に行けないという方もいるでしょう。しかし、検査は医療機関で行うことを強くおすすめします。検査結果が陽性だった場合、結局は医療機関で再検査を行う必要があるからです。

新宿駅前婦人科クリニックでは、患者様のプライバシーに配慮したうえで、患者様の思いに沿った検査・治療を行っております。検査について少しでも不安を感じる方は、ぜひ当クリニックまでご相談ください。

お急ぎの方はお電話ください

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00 ※最終窓口受付 18:30

マイコプラズマ(性病)の治療薬は?

マイコプラズマの治療薬は抗生剤。きちんと飲みきり、必ず完治したのかの再検査を。

マイコプラズマによる性病は、「ニューキノロン系」の抗生剤を服用して治療します。

場合によっては服用した抗生剤が効かないこともありますが、ニューキノロン系の抗生剤は、複数種あります。どの抗生剤を使うかは、医師とよく相談したうえで、治療経過を見ながら選択することが大切です。

新宿駅前婦人科クリニックでも、患者さまの症状に合わせ、複数の抗生剤の中から最適なものを処方することができますので、ご安心ください。

マイコプラズマ(性病)の治療期間

マイコプラズマの治療は、抗生剤を1週間程度服用します。ただ、1回の治療で必ず完治するとは限りません。近年は抗生剤が効かない「耐性菌」が増えてきているからです。

そのため「薬を飲んだからもう大丈夫」と自分で判断するのではなく、服用後は必ず医療機関で再検査を受け、完治したかどうかを医師に判断してもらいましょう。新宿駅前婦人科クリニックでは、抗生剤を処方してから数週間後を目途に、再検査を実施しております。薬を飲みきったら終わりではなく、必ず再検査を受けて、完治を確認してください。

マイコプラズマは完治しない?

マイコプラズマは、抗生剤を飲んでもなかなか治らないというケースが少なくありません。これは、抗生剤の効かない耐性菌や、パートナー同士でうつしあう「ピンポン感染」などが原因として挙げられます。また、マイコプラズマが感染者の細胞内で生存できることも、大きな要因の一つと考えられます。

ただ、マイコプラズマは「治りにくい」ことはあっても、「完治しない」わけではありません。1回の治療で治らなくても、継続的に治療を続ければ完治する病気です。

マイコプラズマは完治すれば再発はしないけれども、きちんと治療しないと再発する可能性が。

マイコプラズマは再発する?

マイコプラズマが完治すれば、再発することはありません。しかし、症状が治まったからといって抗生剤の服用を中断すると、体内に残ったマイコプラズマが再び増殖し再発する可能性があります。

またマイコプラズマは予防ワクチンがありません。そのため完治後であっても、感染者と性交渉を行えば「再感染」する恐れがあります

マイコプラズマの検査費用

マイコプラズマとウレアプラズマの検査は、2012年から日本でも検査可能となりましたが、保険診療の適用外となっており、自費診療となっております。あらかじめご了承ください。

※表示価格は税込みです。

ウレアプラズマ・マイコプラズマセット 8,800円

マイコプラズマ(性病)に関するよくあるご質問

マイコプラズマ肺炎の人と性交渉すると感染しますか?
A.いいえ。性感染症のマイコプラズマとは原因菌が異なるため、マイコプラズマ肺炎の方と性交渉を行っても、性感染症のマイコプラズマに感染することはありません。しかし、マイコプラズマ肺炎は飛沫感染するため、マイコプラズマ肺炎を発症するリスクがあります。
マイコプラズマを治す市販薬はありますか?
A.いいえ。マイコプラズマ用の市販薬はありません。マイコプラズマの治療に使用する抗生剤は、医師の処方が必要となります。市販の検査キットなどでマイコプラズマに感染したことがわかった方や、感染の可能性があり、不安に思われている方は、ためらわず新宿駅前婦人科クリニックにご相談ください。
マイコプラズマの検査に保険は適用されますか?
A.いいえ。マイコプラズマの検査は保険適用外となります。性感染症のマイコプラズマは、2012年から日本でも検査可能となりましたが、まだ保険診療の対象とはなっていません。また検査を行っている病院も限られています。新宿駅前婦人科クリニックでは、自由診療にてマイコプラズマの検査を実施しております。検査を希望される方はぜひ当クリニックまでご相談ください。
お風呂でもマイコプラズマに感染しますか?
A.入浴で感染するリスクは低いといわれています。しかし入浴中に感染部位と粘膜接触を行えば、感染する可能性があります。
キスだけでも感染する可能性はありますか?
A.はい。マイコプラズマはキスでも、のどに感染する可能性があります。感染者や治療中の方とのキスはお控えください。
咳が止まらないのですが、マイコプラズマ肺炎でしょうか?
A.せきが止まらない理由は、マイコプラズマ肺炎のほかにも、風邪、ぜんそく、アレルギー性肺炎など、多岐にわたります。まずは医療機関で検査したうえで、必要に応じ適切な治療を進めましょう。新宿駅前婦人科クリニックでは、マイコプラズマの検査及び治療を行っております。お気軽にご相談ください。

News

お知らせ

  • 2021/03/29

    子宮頸がんワクチン9価取り扱っております。

  • 2021/01/05

    お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。

  • 2020/12/07

    12/31~1/4は休診日となります。