妊娠かも?妊娠超初期の症状 | 医師監修の妊娠判断セルフチェック【公式】新宿駅前婦人科クリニック

妊娠かも?妊娠超初期の症状

Pregnant

妊娠による身体の変化・症状

「予定日を過ぎたのに生理がこない」「なんとなく身体の調子が悪い」
このような症状は、妊娠のサインかもしれません。妊娠を待ち望んでいた女性にとっては、とても喜ばしいことでしょう。しかし、望まない妊娠の可能性に戸惑い、一人で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

いずれの場合であっても、妊娠の可能性がある方は、できるだけ早く産婦人科を受診してください。正常な妊娠だと思っていても、子宮外妊娠などの可能性もあります。また、もしも望まない妊娠をした場合には、お早めに中絶手術をすることで、お身体への負担を最小限にすることができます。ここでは、「妊娠したかも?」と思った場合にとるべき行動についてご説明します。

妊娠超初期の症状一覧

医師監修のセルフチェック

下記のような妊娠初期症状がある方は、妊娠している可能性があります。

  • □ 生理予定日を1週間以上過ぎても生理がこない
  • □ 身体が熱っぽい気がする(37度台の微熱が続く)
  • □ 身体がだるい、強い眠気がある
  • □ めまいや立ちくらみが起こりやすい
  • □ 胸が張っている、胸が痛む
  • □ イライラしやすい、怒りっぽい
  • □ むくみが気になる
  • □ 胃がもたれる、胃のムカつきが気になる
  • □ 特定の食べ物が食べたくなる
  • □ 食べ物のニオイに吐き気が生じる
  • □ おりものの量が増えた
  • □ 普段よりトイレが近い

お急ぎの方はお電話ください

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00 ※最終窓口受付 18:30

妊娠確認の注意点と基礎体温

妊娠初期に現れる症状には個人差があり、強く出る人もいれば、ほとんどない人もいます。妊娠初期症状がほとんどない方の中で、もともと生理不順であれば、妊娠に気付くのが遅くなってしまう可能性があります。正常な妊娠であれば良いですが、子宮外妊娠や胞状奇胎などの異常妊娠は、早期に治療を行わなければ命に関わる場合もあります。

妊娠初期の症状をチェックすることも大切ですが、妊娠の可能性を伴う性交渉を行う場合には、基礎体温を記録し、高温期・低温期の状態を確認する習慣を身につけましょう。3週間以上高温期が続く場合には、妊娠の可能性があるため、妊娠初期の症状がなくても、産婦人科を受診するようにしてください。

妊娠を確認する順番

妊娠したかも?と思ったら、下記の順番で、妊娠しているかを確認しましょう。

1:妊娠検査薬で妊娠チェック

まずは、市販の妊娠検査薬を使用し、妊娠の確認を行なってください。妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から使用でき、尿をかけるだけで検査が完了します。妊娠していると、妊娠検査薬にはっきりとしたラインが現れます。

2:産婦人科を受診

妊娠検査薬で妊娠が判明したら、お早めに産婦人科を受診することをおすすめします。産婦人科では、超音波検査などで妊娠を確認します。このとき、異常妊娠でないかなども確認するため、妊娠検査薬で陽性反応が出た場合には、早めに産婦人科を受診してください。

妊娠発覚後にするべきこと

妊娠が発覚したら、早急に産婦人科を受診し、異常妊娠でないことを確認してください。その上で、パートナーとよく相談し、今後の方針をできるだけ早く決めましょう。出産を希望される場合には、当クリニックでは分娩を扱っておりませんので、他院をご紹介いたします。

また、やむを得ない理由で出産をご希望されない場合には、人工妊娠中絶手術が必要になります。中絶手術は、母体保護法により妊娠22週未満であれば実施可能ですが、女性の身体への負担を軽減させるためには、12週未満での実施が望ましいとされています。

妊娠に関するよくあるご質問

最後に、妊娠に関するよくあるご質問についてご説明します。ご不明点などがある場合は、当クリニックまでお気軽にお問い合わせください。

妊娠検査薬で陽性がでました。どのタイミングで受診すべきですか?
A.妊娠検査薬で陽性が出た場合は、できるだけお早めに病院を受診してください。検査をして陰性であっても、もしもお身体のことでご心配がある場合は、ぜひお気軽にご相談ください。
妊娠検査薬はいつから使用したら良いですか?
A.妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から使用できます。それ以前に使用すると、正確な判定ができない可能性があるため、ご注意ください。
妊娠検査薬をつかってフライング検査をしてもいいですか?
A.新宿駅前婦人科クリニックは、生理予定日の1週間後から妊娠検査薬を使用していただくようお願いしております。風邪をひいていないのに、身体の調子がいつもと違う、妊娠したかも?と感じて、適切な使用時期を待たずにフライング検査をしたい気持ちは分かりますが、適切なタイミングで妊娠検査薬を使用しないと、本当は妊娠していても陰性となる場合があります。それは、検査のタイミングが推奨時期よりも早すぎると、妊娠しているかどうかを判断する「hCG(ヒト絨毛(じゅうもう)性ゴナドトロピン)」がしっかりと検知できない可能性があるためです。妊娠について、検査についてご不明点がある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
妊娠検査薬で誤判定が出ることはありますか?
A.妊娠検査薬の精度は、正しい時期に正しく使用することで、99%と言われています。しかし、妊娠していない場合でも、ホルモンバランスが崩れるなどして、妊娠ホルモンが微量に分泌されることがあります。この微量の妊娠ホルモンに妊娠検査薬が反応し、疑陽性を示す場合があります。最終的に妊娠しているかどうかは、医師による内診や超音波検査を受けて確認してください。
大学1年生ですが、妊娠検査薬で陽性がでました。どうしたらいいですか?
A.大学生で妊娠の可能性がある場合、とても不安に感じていらっしゃることでしょう。まずは、妊娠検査薬で陽性反応が出たら、クリニックで正常妊娠かどうかを確認してください。その上で、パートナーや保護者の方と話し合い、出産するか、中絶手術をするかなどを決めてください。学生のときに妊娠されると、驚きや不安な気持ちを一人で抱え込んでしまう方が多くいらっしゃいます。しかし、一人で悩んでいる間にも、赤ちゃんはどんどん大きくなり、中絶手術ができなくなる期間(妊娠22週以降)に入ってしまう場合があります。学生のうちに出産された方も多くいらっしゃいますし、中絶手術を選択された方もたくさんいらっしゃいます。どちらの選択が正しいというわけではなく、あなたの決断される選択は間違っていないのです。だからこそ、お身体のためにも、早い段階でこれからの方針を決めていただくことをおすすめいたします。妊娠したかもしれないと思ったら、まずは妊娠していることを確認し、お一人で抱え込まずにパートナーや保護者の方とできるだけ早く話し合うようにしてください。また、当クリニックにもお気軽にご相談ください。
中絶手術を考えていますが、どこの病院へ行けば良いですか?
A.中絶手術を受けられる場合は、中絶手術を行っている産婦人科・婦人科・レディースクリニックなどを受診してください。
人工妊娠中絶手術を受けると不妊になるのでしょうか?
A.人工妊娠中絶手術を一度受けたからといって、不妊になるということはほとんどありません。しかし、中絶手術後妊娠できるかどうかは、患者様一人ひとりによって異なります。そのため、人工妊娠中絶手術を受けられる場合は、熟考の上、後悔のない判断が必要です。
  • 出産までの流れ

    妊娠すると、女性の身体は赤ちゃんの成長や出産に向けて準備をするため、変化していきます。 妊娠週数別に変化する赤ちゃんとお母さんの身体について解説します。

  • 中絶手術をお考えの方へ

    妊娠したけれど、何らかの事情で産むことができず、つらさや不安を抱えている方を多く診て参りました。おひとりで悩まず、ぜひ当クリニックへご相談ください。

  • 初期中絶手術について

    妊娠12週未満(約4か月)は「妊娠初期」に分類されるため、比較的身体への負担が少なく、日帰りでの中絶手術を受けていただくことができます。

News

お知らせ

  • 2020/10/21

    ウルトラヴェラのご予約承ります。

  • 2020/10/09

    10/20(火)は臨時休診日となります。

  • 2020/10/05

    10月以降の休診日は日曜・月曜となります。