中絶手術の方法とは

Method

妊娠週数によって
中絶手術の方法が異なります

人工妊娠中絶手術は、妊娠週数やクリニックによって、やり方が異なります。まずは、当クリニックの中絶方法についてご説明いたします。

妊娠12週未満の中絶手術に対応

妊娠12週未満の中絶手術に対応

人工妊娠中絶手術は、妊娠週数によって方法が大きく異なります。妊娠12週未満は初期中絶手術、妊娠12週以降〜22週未満は中期中絶と呼ばれていて、初期中絶手術が子宮内容物を掻き出す・吸い出す方法であることに対して、中期中絶では出産と同様に入院し、分娩することになります。中期中絶は身体への負担が大きくなるだけでなく、死亡届を提出する義務があることや、費用も高くなるため、中絶手術を検討されている場合は、初期中絶手術を受けることをおすすめします。

新宿駅前婦人科クリニックでは、妊娠12週未満の「初期中絶手術」のみ承っております。妊娠12週を超えている場合には、中期中絶に対応している病院やクリニックを受診していただくようお願いいたします。

身体への負担が少ない方法をご用意

手術方法はソウハ法と吸引法とは?前日の術前処置について

初期中絶手術には「ソウハ法(掻爬法)」と「吸引法」の2種類があります。ソウハ法は、日本で古くから一般的に用いられてきた方法で、子宮内容物をスプーンのような器具で掻き出します。それに対し吸引法は、細いチューブを子宮内に挿入し、子宮内容物を吸い出す方法です。ソウハ法、吸引法それぞれにメリットやデメリットはありますが、新宿駅前婦人科クリニックでは経験豊富な母体保護法指定医が手術を担当するため、安心して手術が受けられます。

一般的に行われている術前処置は、手術前日から子宮口を広げるための処置のことで、スポンジのような細い棒(ラミナリア・ダイラパンなど)を挿入し、水分を含ませることで子宮口を広げる処置です。子宮口は徐々に広がるのですが、その際に強い痛みを感じることが多くなっています。この痛みはとても強いと言われており、患者様のご負担を考慮し、当クリニックでは前日の術前処置を行っておりません。痛みが強いだけでなく、術前にご来院いただかなければならず、忙しい患者様のご負担が増えてしまうからです。また、手術は日帰りでお受けいただけるため、お忙しい患者様も安心して手術がお受けいただけます。

さらにお身体への負担が少ない"MVA"

これまで、お身体への負担が少ない手法として、吸引法をご説明してきました。その吸引法の中でも、お身体を傷つけにくく、安全性が高いとされているのが、手動吸引法(MVA)です。MVAは自動吸引法(EVA)よりも新しい手法で、より患者様のお身体への負担が少ないというメリットがあります。

EVAは金属製の器具を使用しますが、MVAはプラスチック製の器具です。プラスチックは金属よりも柔らかくしなやかなため、子宮内に挿入するときの痛みが少なくて済みます。また、手動で陰圧をかけて吸引するため、子宮内膜などお身体の組織を傷つけるリスクが少なくなるのです。さらに麻酔で眠っている患者様への刺激となる“音”についても、MVAは静かです。こうしたことから、日本産婦人科手術学会でも、MVAを"低侵襲かつ有効な手術手技"と位置づけています。
同学会では、

「さらにMVAは時間的なメリットもある。手術室でEVAを施術する場合に比べ、外来でのMVAは施術時間と待ち時間が往々にして短い。」

引用元:日本産婦人科手術学会:子宮内容除去術のための手動吸引法:低侵襲かつ有効な手術手技

と述べています。

施術時間と待ち時間が短いということは、プライバシーの保護と時間の節約が可能であることにつながり、患者様にとって大きなメリットといえるでしょう。新宿駅前婦人科クリニックではEVAの他に、このMVAを使用した中絶手術が可能です。どちらにしたら良いのか迷っている患者様や、MVAをご希望の患者様はお気軽に当クリニックにご相談ください。

中絶手術で使用する器具について

新宿駅前婦人科クリニックの中絶手術で使用する器具は、感染対策を徹底して行なっています。全ての医療器具は滅菌処理をしており、吸引法で用いるチューブは患者様ごとに必ず交換しております。また、専門業者による定期的な清掃やメンテナンスも行なっているため、安心して手術をお受けいただけます。

お急ぎの方はお電話ください

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00 ※最終窓口受付 18:30

中絶手術の痛みについて

無痛の中絶のための取り組み

無痛の中絶のための取り組み

中絶手術中は、鎮痛薬を混ぜた静脈麻酔を使用して「眠っている状態」になるため、痛みを感じることはありません。また、静脈麻酔は点滴を用いて注入されますが、点滴を刺す際の痛みを取り除くために、麻酔テープもご用意しております。ご希望の方は、診察時にお申し出ください。新宿駅前婦人科クリニックでは、中絶手術の痛みに配慮し、無痛中絶のための対策を徹底しているため、痛みがご不安な患者様も、安心して手術をお受けいただけます。

中絶手術の流れについて

新宿駅前婦人科クリニックで行う中絶手術の流れについてご説明します。

1.中絶前の診察

まず最初に、診察・採血検査・性感染症検査・子宮卵巣のエコー検査を受けていただきます。診察では、最終月経開始日や妊娠経験の有無などをお伺いします。

※新宿駅前婦人科クリニックでは、初診当日の即日中絶手術も承っております。ご希望の方は、事前の確認事項などもあるため、お電話にてお問合せください。

2.中絶手術当日
  • ①問診:健康状態についての問診を行い、中絶同意書をお預かりします。
  • ②麻酔:静脈麻酔を行います。
  • ③手術:麻酔が効いていることを確認し、中絶手術を開始します。

中絶手術の費用について

11週未満の中絶手術(ソウハ法)

吸引法・MVAをご希望の方は別途ご相談ください

税込77,000円
術前診察 無料
術後検診 無料
麻酔代 無料
術後薬代 無料
埋葬費 無料
土日祝の追加料金 なし

当クリニックでは、患者様のご負担軽減のため痛みを伴う工程は全て無痛の麻酔下で行います妊娠11週~12週未満の方はご相談ください。

※診察にて医師が「リスクが伴う手術」と判断した場合、追加料金が発生する場合があります。(例:双子の場合や、帝王切開歴のある方、喘息疾患などの持病のある方など)

MVAをご希望の場合 税込127,000円

中絶手術の方法について
よくあるご質問

中絶薬を使用しても良いですか?
A.中絶薬は通販などで購入できる場合があり、入手方法も比較的簡単なことから、使用を検討される方もいらっしゃいます。しかし、膣からの大量出血の危険性や、中絶の失敗率が高いことから、日本の法律では使用が認められていません。また、中絶薬が承認されている諸外国でも、必ず医師の診察・経過観察が必要な薬です。自己判断での服用は危険なため、絶対にやめましょう。
中絶手術のリスクを教えてください。
A.中絶手術のリスクには、個人差がありますが下記のような症状が挙げられます。
腹痛・出血・めまい・頭痛・心的外傷ストレスなど
中絶手術のリスクに関してご心配な方は、診察時にお申し出ください。くわしくご説明いたします。

News

お知らせ

  • 2021/11/01

    12/30~1/3は休診日となります。(12/31~1/2はお電話でのご予約は承っておりません)

  • 2021/03/29

    子宮頸がんワクチン9価取り扱っております。

  • 2021/01/05

    お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。