吸引法・ソウハ法の違い|東京都にある新宿駅前婦人科クリニック|中絶手術の方法

吸引法・ソウハ法の違い

Difference

中絶手術の方法
「吸引法」と「ソウハ法」の違い

人工妊娠中絶手術は、初期中絶手術(妊娠12週未満)と中期中絶(妊娠22週未満)の2つに分けられます。中期中絶では、出産と同様分娩によって中絶を行います。それに対し、初期中絶手術では「吸引法」または「ソウハ法(掻爬法)」によって、中絶が行われます。ここでは、それぞれの手術方法の違いをご説明いたします。

吸引法とソウハ法の比較一覧

吸引法 ソウハ法(掻爬法)
手術方法 ストロー状の器具を子宮内に挿入し、子宮内容物を吸い出す スプーン状の器具や鉗子を用いて、子宮内容物を掻き出す
手術時間 短い 長い
術前処置 不要
※ただし、必要に応じて手術当日の静脈麻酔後に、子宮口を広げる処置を行う場合があります。
必要
合併症のリスク・頻度
子宮穿孔・子宮内遺残・出血等
少ない 多い
特徴 WHO世界保健機構や世界産婦人科連合でも推奨されている 日本では主流の中絶方法
メリット 身体への負担が少ない 手に子宮内の状態が伝わるため状況を把握しやすい
デメリット 日本で実績のあるドクターが少ない 手術時間が吸引法より長く、炎症や出血などのリスクが高くなる
痛み 静脈麻酔をするため基本的に痛みを感じることはない 術前処置で子宮口を広げる際に、痛みを感じる場合がある
費用 80,000円~
※週数により変動
麻酔料別途頂戴します。
当クリニックではお取り扱いがございませんが、基本的に吸引法・ソウハ法の費用に大きな差はありません。

吸引法

手術方法 ストロー状の器具を子宮内に挿入し、子宮内容物を吸い出す
手術時間 短い
術前処置 不要
※ただし、必要に応じて手術当日の静脈麻酔後に、子宮口を広げる処置を行う場合があります。
合併症のリスク・頻度
子宮穿孔・子宮内遺残・出血等
少ない
特徴 WHO世界保健機構や世界産婦人科連合でも推奨されている
メリット 身体への負担が少ない
デメリット 日本で実績のあるドクターが少ない
痛み 静脈麻酔をするため基本的に痛みを感じることはない
費用 80,000円~※週数により変動
麻酔料別途頂戴します。

ソウハ法

手術方法 スプーン状の器具や鉗子を用いて、子宮内容物を掻き出す
手術時間 長い
術前処置 必要
合併症のリスク・頻度
子宮穿孔・子宮内遺残・出血等
多い
特徴 日本では主流の中絶方法
メリット 手に子宮内の状態が伝わるため状況を把握しやすい
デメリット 手術時間が吸引法より長く、炎症や出血などのリスクが高くなる
痛み 術前処置で子宮口を広げる際に、痛みを感じる場合がある
費用 当クリニックではお取り扱いがございませんが、基本的に吸引法・ソウハ法の費用に大きな差はありません。

負担が少ない「吸引法」を採用

新宿駅前婦人科クリニックでは、WHO世界保健機構や世界産婦人科連合でも推奨されている「吸引法」による中絶手術を行います。吸引法は身体への負担が少なく、手術時間も短いため、日帰りでの手術が可能です。また、中絶手術に関するご不明点やご不安な点がある場合には、いつでも当クリニックまでご相談ください。患者様にとって後悔のないご決断ができるよう、親身になってサポートさせていただきます。

News

お知らせ

  • 2020/11/23

    12/6(日)は臨時休診日となります。

  • 2020/10/21

    ウルトラヴェラのご予約承ります。

  • 2020/10/05

    10月以降の休診日は日曜・月曜となります。