中絶手術の同意書|東京都にある新宿駅前婦人科クリニック

中絶手術の同意書

Agreement

中絶手術における同意書の必要性

中絶手術における同意書の必要性

同意書の提出は法律で定められている

人工妊娠中絶手術を受ける場合、必要となるのが「(中絶に対する)同意書」です。日本では、母体保護法という法律によって、母体保護法指定医による中絶手術のみが認められています。その母体保護法にて、同意書の提出が義務付けられているため、中絶手術には同意書の提出が必要です。

また、母体保護法には「本人及び配偶者の同意を得て、人工妊娠中絶手術を行うことができる」と規定されているため、基本的にはご本人とパートナーの署名・捺印が必要になります。

中絶手術で同意書が必要ない場合

原則として、母体保護法に基づく人工妊娠中絶手術には、ご本人と相手男性の署名・捺印された同意書が必要となります。また、中絶手術を受けられる女性が未成年の場合は、保護者や親権者の同意・署名が必要なこともあります。しかし、以下のような場合には、ご本人の同意だけで手術を受けられることもあるため、おひとりで悩まれず、まずは一度ご相談ください。

同意書不要な場合 ・性犯罪による妊娠の場合
・相手が死亡している場合
・相手が誰かわからない場合
・パートナーと連絡がとれない方

また、上記以外にも、相手と連絡がつかなくなった・相手が逃げた・その時の記憶がないなど、個別のケースにも対応できる場合があるため、まずは当クリニックまでご相談ください。※該当される方は「その他同意書」をお持ちください。

中絶手術の同意書に関する
よくあるご質問

未婚の場合、同意書には彼氏のサインが必要ですか?
A.中絶手術を希望される方が未婚の場合、パートナーの男性に署名・捺印をしていただきます。そのため、婚姻関係にない場合には、パートナーである彼氏のサインが必要です。
未成年が中絶する場合、親の同意は必要ですか?
A.未成年の方が中絶手術を受けられる場合、基本的には保護者や親権者の同意が必要になります。ただし、強姦等の性犯罪による妊娠の場合は、保護者の方の同意が必要ない場合もあるため、まずは一度ご相談ください。
旦那以外の子供を妊娠した場合、同意書なしでも手術を受けられますか?
原則的には、中絶手術にはパートナー(既婚者の場合は配偶者)の同意が必要です。そのため、医師が結婚されていることをうかがった場合には、配偶者が署名・捺印した同意書を提出していただきます。しかし、母体保護法では配偶者のことを「届出をしておらず、事実上婚姻関係と同様な事情にある者を含む※」と定めているため、子の父であるパートナーの同意で手術可能と判断する場合もあります。人工妊娠中絶手術は、様々な事情を抱えられていることが多いため、おひとりで悩まれず、まずは一度ご相談ください。
※引用:母体保護法

News

お知らせ

  • 2020/11/23

    12/6(日)は臨時休診日となります。

  • 2020/10/21

    ウルトラヴェラのご予約承ります。

  • 2020/10/05

    10月以降の休診日は日曜・月曜となります。